maonima’s diary(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

2005年、はてなダイアリーに始まり、今に至る

男子禁制

昨日は、詩人の伊藤比呂美さんの「男子禁制」という番組の収録。
「百合祭」などの映画を監督した浜野佐知さんと三人で、視聴者から寄せられた「お悩み」に答えるという形で、浜野さんはその経歴とか、著書『女が映画を作るとき』などを読んで、なんだか怖い人なのではと少しおびえていたが、確かに収録時などもポイントはしっかり押さえる怖い人ではあったのだが、思いのほか話しやすくて、初対面なのに、知らず知らずのうちに長年の親友にも言えないようなことまで喋ってしまった気がする。
伊藤さんも浜野さんもパワーが凄くて、なんか圧倒されてしまった気もするが、お二人はそんな私の気持ちをとっても持ち上げてくれて、あがり症の私にしては、楽しく収録を終えることができた。
収録後、浜野さん行きつけのお店に三人で行ったりしているうちに、女子校時代、好きな子と一緒に泊まって、なんか好きな気持ちとふれあいたいって気持ちの区別がつかなくなって、いちゃついたりしたものだった、いつのまにかそういう世界忘れてたなぁ、なんてこと思い出したりした。

それにしても間抜けだったのは、なんと財布を忘れてしまったことで、伊藤さんに奢ってもらってしまった。
PASMOには400円だけ入ってたから、電車賃は大丈夫だったが、焦った。