猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

私が源氏物語を書いたわけ

『私が源氏物語を書いたわけ』、
この、どきりとするタイトルは山本淳子先生の新刊。
読んだのはまだ三分の一ですが面白いです!
紫式部が一人称で人生や源氏物語について語るというアイディアが凄い。
紫式部の自伝でありながら伝記でもあり、彼女や当時の人の考え方と同時に源氏物語のポイントもつかめる、という仕組み。
随所に紫式部集や紫式部日記源氏物語から歌の引用があるのですが、歌の引用って意外と読む気がしないものなのに、この本の訳はとてもすんなり頭に入ってきて、読むのが楽しい。
憂き世を生きた紫式部の「心の伝記」(『私が源氏物語を書いたわけ』あとがき)に、憂き世をしばし忘れる自分がいます。



うちの子にも読むよう勧めてます。

私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り

私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り