猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

堀河(川)中納言の謎

次の美的の準備で御伽草子よみまくっているんだが、
やたらと「堀河中納言」て名が出てくるのはなぜ? 
一寸法師」にも、「岩屋の草子」にも、「志賀物語」にも、「酒呑童子」にも出てくる。
よんでないけど「堀川中納言物語」ってのもあるようだし。

堀河中納言にはとくべつなイメージがつきまとっているのか? 
国会図書館でしらべても、論文もないみたいだが……。