母の見舞い。
きょうは不快な一日だった。


朝起きた時に覚えていた夢。
藤本さんと洋服やさんで、試着しようとしている。
今まで着たこともないような若い感じの服を。
藤本さんは何度も来ているらしく、「ついこないだも○○さんと来た」などと馴れた風。
私は新しい服への挑戦をしている感じだった。