猫も羽<わ>で数えましょう(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

♥️昔描いた漫画、毎週日曜更新予定♥️

霊はいるのか?

f:id:maonima:20150313195018j:plain

写真は在りし日のタマ(下。2016.9/9没。16歳10ヶ月)とポロ(上。健在。17歳9ヶ月)。オス同士だけど、ポロは赤ちゃんだったので、優しいタマと仲良しになった。タマの夢は見るけど、タマの霊は見ないし、ポロも何かを見てるらしきそぶりはない。

 

 

 

さいころは幽霊はいると思ってました。見たことはないけど、耳学問で。

長じると、当然、「いない」「いるわけない」と思うようになります。

私はおばあちゃん子で、とりわけ母方祖母とは一つ敷地に住んでいたので、近しい関係でしたが、

「もし霊とかあの世があるなら、おばあちゃん、死んだら出てくるからね」

と、祖母は言っていたのに、まだ一度も出てきたことはないからです。

夢にならよく見るけれど。

 

 

そもそも死んでも霊が残るなら、そこらじゅう霊でいっぱいになるじゃないですか。

そういう疑問が誰にでもあるから、「成仏」という概念があって、この世に執着の残る人、まだ死んだことに気づかない人の霊だけが浮遊しているということになるんでしょう。

でもどう考えても、死んだら終わりでしょう。

 

 

が、ならばなぜ古今東西に霊を見た話があるのか。というと、一つには、生きてる人の脳のいたずらではないか。

母が2003年、脳出血で倒れた直後、脳の血の塊がマックスになった時、母は部屋の隅に小人が見えるとか、いろんなことを言っていた。

脳が圧迫され、視覚野に影響があって、そんなものが見えてたらしいです。

霊が見えるという人も、なんらかの脳の作用で、そうなっているんでしょう。

 

 

と、思うものの、恐山に行って、また、夫の幽霊と二年間、暮らしてたという霊能者の漫画を読んで、ちょっと揺らぎ始めてる。

加えて、きのう松原タニシの事故物件の本を読んで、ますます。

 

 

松原タニシは事故物件にばかり好んですんでいるのですが、2016年のある日、皆ととった写真で、自分だけ顔が黒くなっていた。それを見た日蓮宗の怪談坊主(怪談を話すことで有名らしい)が、

「五年後に何かありますよ。死ぬんじゃなくて、何もかも失う」

みたいなことを言ってて。根拠は同じように顔が黒く写真にうつった人が五年後だかに自死してしまったからだそうです(うろ覚え)。

 

 

こういうの読むと、なんかあるのかな〜? なんて少し思ったり。事故物件にいる霊の影響で、顔、そんなんなったのかな? と思ったり。

あと、タニシさんの本によると、事故物件になる現場というのは過去にも何かあったりするそうで、それってひょっとして、人の理性や感覚を狂わす微弱な磁気みたいのが働いてそうなっているのでは?? 脳に働きかける何かがあって、軽い脳出血みたいになって、変なものを見たり、怪奇な行動をとってしまうのでは? などという考えも浮かんでくる。

一時期、ssriパキシルのむと、発作的に飛び降り自殺する思春期の人が少なからずいるみたいなことが報道されたものですが、そういうパキシル的な脳に働きかける何かがそこにはあるとか??

 

いろいろ考えると、恐いけれど、楽しいですね。

 

ダンナさまは幽霊 (コミックエッセイの森)

ダンナさまは幽霊 (コミックエッセイの森)

 

 

 

事故物件怪談 恐い間取り

事故物件怪談 恐い間取り