maonima’s diary(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

2005年、はてなダイアリーに始まり、今に至る

『猫のエルは』『墓が語る江戸の真実』

町田康さん『猫のエルは』読みました。

ふだん古典・歴史やノンフィクション、マンガばかりで、小説はあまり読まないのですが、この本には美しい絵がついていて、神話的というか、さくらももこの『神のちから』的な不条理な感じもあって、面白かったです。

「とりあえずこのままいこう」は、ちょっと涙出ました。

https://amzn.to/2Ce462q

 (↑なぜか、画像つきのがうまくリンクできなかった)

f:id:maonima:20181011121850j:plain

 

岡崎守恭さんの『墓が語る江戸の真実』は、「おわりに」に私の名前が出てくるとのことで、送ってくださったようです。まだはじめのほうしか読んでいないものの、「死んでも」尽くしの帯が壮観です。岡崎さんとは面識ありませんが、プロフィールで「歴史エッセイスト」と名乗ってらして、「古典エッセイスト」の私としては親しみを覚えました。↓

f:id:maonima:20181014145957j:plain

 

墓が語る江戸の真実 (新潮新書)

墓が語る江戸の真実 (新潮新書)