maonima’s diary(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

2005年、はてなダイアリーに始まり、今に至る

昔は毒親ばっかし

いま後醍醐天皇のこと、調べているんだが、後醍醐天皇というと、皇子の護良親王のこと思い出す。

そして護良親王っていうと、子どものころ、鎌倉で見た、幽閉されてた土牢を思い出す。

ほんと、この時のショックは今も忘れられない。

こんなに暗い、じめじめしたところで……と。

後醍醐天皇といい、昔は身分の上下を問わず、今で言う毒親だらけです。

 

 

土牢っていうと、二十年前だったか、友達がスイスにいて、そこに行ったとき、お城の地下牢に連れてってくれて、これも石でできてて怖かった。

こんな所に閉じ込められたら、心身共に間言ってしまう。

それが目的なんだから、人間て恐ろしいですね。