maonima’s diary(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

2005年、はてなダイアリーに始まり、今に至る

『恋塚』『バテレンの世紀』

花房観音さんの『恋塚』講談社文庫、
渡辺京二さん『バテレンの世紀』新潮社、
を頂きました。

こいづか、と入力するたびに『肥塚』って出てしまうのはなぜ!?
にしても、面白いです、これ。芥川賞の受賞作品とかより全然面白い!
源平盛衰記雨月物語などの古典文学に現れた恋する男がモチーフになっているんですが、へ〜〜そういうことか! という花房さんの読みが面白い。
エロい京都案内にもなっている。


バテレンの世紀』は版元の方に頂きました。
足かけ十一年の連載をまとめた大著なのですね。
まだ読んでませんが、ふろくについてる人物の生没表が、一目で誰がどの時代に生きてたか、生がかぶっていたのか分かっていいです。
あと、索引。昔の本は索引がついてるのが多くて好きでしたが、最近は少なくて、でもこれはついてるのがいい。


恋塚 (講談社文庫)

恋塚 (講談社文庫)

バテレンの世紀

バテレンの世紀