猫も羽<わ>で数えましょう(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

本の宣伝多いです。そのためのブログですから。

ポロちん危機一髪

うちのポロは11月に19歳になる老雄猫である。

五年前、脳出血的なものをやり、やや半身不随になったが、四つ足ゆえ、ハイスピードで走ることもできるし、何より食欲もりもり、快食快眠快便であった。

ところが、おととしだかに一度便秘になった。医者でお腹を押すとコロコロうんちが出て、下剤とオリゴ糖的なもので、もとの元気なポロちんに戻った。

 

それがおととい・昨日とまた便秘になって、珍しく食欲が失せたのである。

失禁的におしっこもそこいらでしだした。

もう年だし、いよいよか……と思っておむつなどして、オリゴ糖や二年前処方された下剤を与えたところ、見事に復活。きょうは下剤なしでうんこも出て、いつものように走ったり、元気なポロに戻った。

 

危機一髪であった。

ひやひやさせてくれる。

しかしポロちんはどこ吹く風の様子。

便秘の時も食欲こそ少しなくなったが、お漏らしする時も何でも常に堂々としている。

たとえば同じことを犬のシバがしたら、どこかびくびくしてしまうものだが、ポロは違う。

これは同じ猫でも16歳と10か月で死んでしまったタマにはない図太さである。

このメンタルの強さが、半身不随になっても、ポロをここまで長生きさせたのであろう。

ポロに学ぶべきところ大、と

f:id:maonima:20190607142543j:plain

昨日はおむつをつけた。

f:id:maonima:20190608141640j:plain

きょうはおむつを外してのびのび。



痛感させられる。