猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

「スキャンダルで読む百人一首」59回

「ハルメク」11月号に、「スキャンダルで読む百人一首」59回目載ってます。

今回は赤染衛門

紫式部日記によれば、匡衡衛門と呼ばれており、そこからおしどり夫婦と言われていますが、私は違う意見です。

halmek.co.jp

 

最近疲れていて、ゆうべは早くに寝てしまったら、地震で目が覚めました。

コマちゃんも驚いていました。

 

 

 

「スキャンダルで読む百人一首」58

「ハルメク」10月号に、「スキャンダルで読む百人一首」58回目載ってます。

今回は大弐三位。早死にした母と違い84まで生きて、80で歌合に出詠しています。

magazine.halmek.co.jp

 

2008年の写真。このころはタマもポロも生きていた。左は遊びに来た、ポロの姉妹の不二子。陶器のトイレや食器を持参していた。

f:id:maonima:20070404213859j:plain

 

 

ラジオに電話で生出演

hicbc.com

9/4(土)のこの番組に、朝10:30から10分位、電話で生出演する予定です。

生なので、ちゃんと喋れるのかどうか、不安ですが……。

 

 

この本絡みの話をするかと思います。

 

 

 

こちらもよろしくです。

 

 

 

 

残間里江子さんのラジオに電話で参加

先日、電話で参加したラジオ番組upされました。

『くそじじいとくそばばあの日本史』のことを中心に喋っています。

残間さん、とても話しやすくて楽しかった。

コロナ落ち着いたら会いたいな〜〜。

 

www.joqr.co.jp

 

後編もあります。

www.joqr.co.jp

 

 

  

毎日、必死で生きています。

 

 

「長生きの一番の敵」は戦争

いまクソ爺婆第二弾とか色々書いているんですが、

長生きの一番の敵は戦争だなぁと、

敗戦の日の今日、痛感します。

 

 

母方祖父も敗戦処理の通訳として民間から駆り出されたボルネオで、1946年に死んでしまいました。

それで母方の一家の運命は急変してしまった。

 

 

戦争時の平均寿命を調べようとしたら、記録がないんですね。

www.mhlw.go.jp

間違いなく、戦前より戦後より短いことは確かだと思いますよ。

 

 

 

長生きすればこそ、くそじじい・くそばばあにもなれるんです。

 

 

 

それと、きょう、FM78に、芝崎みゆきさんが出るというので聞いてたら、面白かった!

芝崎さんがなぜ手書きで書いているかの理由として、

手書きだと若干読みにくさがあるため、心にフックとなって、残るのではないか、と言ってて、さすが! と思いました。

さらさらっと読めないからこその、価値。

古典文学もさらさらよめないからこそ大事によむよね、と思いました。

 

 

 

 

「スキャンダルで読む百人一首」57

「ハルメク」九月号に、「スキャンダルで読む百人一首」57載ってます。

今回は紫式部!

↓サイトでは読めません。ためになる雑誌だから定期購読するといいかもゆ。通販雑誌とセットだゆ。

halmek.co.jp

 

コマちゃんは、今までのネコとはひと味違う。

野良を一年もしていたせいか、なつかないし、もぐるの好きだし。

今までのお坊ちゃんネコたちと違って、ほとんどベランダにいて、狭いベランダの、どこにいたの? というような虫(セミ、カナブン、毛虫)を捕ってくる。

うにょうにょした毛虫をとってきた時はまじで叫んだ。

カナブンはともかく、セミはうるさかった。

遊んで半殺しにしてしまうので、凄い可哀想なのではあるが……。

f:id:maonima:20210807010849j:plain

 

 

 

 

 

ワクチン接種一回目記録2

8/7

ぐっすり9h睡眠、だるさ無し。

昼〜空咳復活

16:00ワクチン接種四日目(接種73h) 強い膝痛と共に弱い胸痛一分程度。しかし、これは去年の膝痛の時、膝痛・背中痛で出たのと同じで、整形外科医は、強い膝痛・背中痛だと胸痛出ると言ってたから、たぶんそれな気がする。

 

18:00 カロナール2

 

22:00 咳と息苦しさが治ってきて、全体的に復活の感。前からある左耳のかゆみは再燃。

四日目だよ! これで副反応終わりますように〜〜

 

8/8

午前1:00(夜中) 寝てたら右股に鋭い痛みで目が覚める。数年前、帯状疱疹やった時、最初に痛かったところ。でもいつも痛い右膝の痛みの関連痛なのか。

色々とカラダの弱いところに出てきてる。  

 

 右膝が痛くて眠れない。

二回目延期にできたらしたい、、、、

 

昨夜、なかなか寝付けず、

11:00起床。色々良くなってる気がするので仕事再開。

 

身長147センチ、体重41キロ、AB型

アレルギー体質(非特異的IgE 1570……正常値は170なので9倍以上)、好酸球多め、鼻炎、40代以降風邪引きあとの咳が長引く喘息気質(ふだんはない)、右膝半月板損傷・神経痛、歯科心身症などの持病がある私はこんな感じでした。

人に聞いても、弱いところに出てくるというのは共通した意見なので、もし体調良くて二回目受けるとしたら、抗アレルギー剤は用意しときたいと思います。

体調が悪ければ躊躇せず延期したいと思います。

 

 

 

ワクチン一回目接種経過メモ

8/4 15:00接種 15分位して少し目の違和感あるもすぐに治る

夜 腕痛と左耳、接種部のかゆみ カロナール2

8/5 朝 腕の痛みが凄い。珍しく下痢 カロナール2

昼ころ〜腕痛・微熱・とてつもなくだるくて立っていられない。カロナール2

接種後24時間たつころ〜息苦しさと咳とノドのかゆみ、声がれ、声が出にくい。 カロナール2、トローチ、麦門冬湯

夜(接種後33時間)〜息苦しさで眠れず、シムビコート(ステロイド剤)吸入。著効、しかし膝激痛→和らいで、眠れる

8/6 朝〜 だるさがウソのようになくなっているが、空咳・ノドのかゆみ、ハナ水、息苦しさ、

夕方、かかりつけ医受診、予備のシムビコート処方

17:00ころ 副反応センターに相談。二回目受ける前、必ずかかりつけ医に相談せよ、吸入剤は苦しければ多めに使ってもいい、待機は30分にせよ、体調の良い時に受けるように、悪ければ延期、とのこと。

 

 

空咳と息苦しさは、喘息の時のそれと同じ。二年前はよくあった症状だが、ここ二年はなかった。それで二年前処方されたシムビコートを吸入したら、凄く効いたのであった。ツイッターを検索すると、ワクチンで同じ症状になってる人が多数いたので少し安心した。また、コロナでも同じ症状になってるみたいで、コロナ復活みたいなアカウントの人がコロナの時、なってたようだ。

 

 

免疫を抑制するステロイド剤が効くということは、ワクチン打ってやっぱし免疫が過剰に働いてしまったのかな。

それとも偶然、風邪が重なったのか。

しかし風邪なら息苦しさはそんなにはないんだよな。

 

寒河尼(寒川尼)

いま、くそ爺婆第二弾書いています。

またまた元気な爺婆いっぱい出てくるんですが、

その一人として、寒河尼のこと書いてます。

彼女のことは女系図の本作った時、いっぱい調べて、ゆかりの地も訪ねたものです。

で、色んな本に『老士雑談』によると近衛院に仕えてて八田之局と呼ばれ、宗綱息女で……と書いてあるんですが、実際に同書に当たると“朝綱之息女”とあるんです。

宗綱女というのは『吾妻鏡』にそうあるから、それが通説化しているのですが、年齢的にも朝綱女のほうがいいし、そっちを取る説もあって、私はそっち派です。

そうなると、『百人一首』のもととなった障子歌を定家に依頼した宇都宮頼綱は寒河尼の甥ということなります。

北条氏による粛清の嵐の時、坊主になっただけでゆるされた人。寒河尼の子(継子説も)小山朝政や結城朝光のナイスなフォローもあって。

 

この寒河尼というのは頼朝の乳母の一人で、91歳まで生きているんですよ!

小山市のキャラにもなってて、2015年のゆるキャラグランプリでは、夫の「政光くん」とセットで堂々の八位になってて、私、小山市に行って、そのキーホルダーやシール、小山市の漫画などを買い込んだものです。

このシールには「寒川尼」とありますが、『吾妻鏡』の治承四年十月二日条の注記では寒河尼。

吾妻鏡』によると、“大功あるによつて”下野国寒河郡と網戸郷を授けられ、「源頼朝袖判下文」によれば“地頭職”に任命された女地頭です。

この時代は、巴や坂額などの女武将もいたんですよね。

なんてことを今、書いてます。

 

「鎌倉殿の13人」に出てくるのかなぁ、なんて思いながら。

f:id:maonima:20210730121316j:plain

数年前、小山市で購入した漫画とキーホルダー

f:id:maonima:20210730131737j:plain

同じくシール

これらのグッズの購入も一苦労でした。

どこにもうってなくて、観光協会も目立たない入り口の上、閉まっている。

思い切ってノックして大声で呼んだら、お爺さんに近いおじさんが出てきて、

色々買い込んだのでした。

 

 

 

 ↑この本書いてる時、行ったのです。

「乳母の力」という章を立てたくて、色々調べた時、寒河尼のこともあれこれ調べ、取材もし、系図も書きましたが、結局、没にしたのでした。

それが今、生きているわけです。

 

 

『老士雑談』の続きですが、ひょっとしてここに出てくる八田之局と寒河尼は別人という可能性もあるのではないかという気もしてます。

なんでかっていうと、八田之局は、源義朝と密通して、局が妊娠中に小山氏に下げ渡され、生まれたのが八田知家だと書いてあるんです。

でも八田知家は一一四二年生まれ。寒河尼は一一三八年生まれで、これだと数え年五歳で生んだことになります。

そうなると、八田之局は寒河尼の親類だけど別人と考えたほうが良くなってくる。

ここいらへん、本当のところは分からないですよね。

ひとりごと

スポーツ全然興味ないから、高校野球以外キョーミないから、ただでさえテレビみる番組ない上、五淋ある時は、ますますみる番組なくなるのに、今年はまじで、神経がすりへる。

 

無観客、海外からの客もない五淋なんてやる意味あんのか。

世界中に放映されるから同じったって、当初見込んでた日本での経済効果は薄いだろう。どころか赤字じゃないの?

その上、検査もザルだから、海外からデルタのみならず、ラムダとかいう、ワク効果も薄まるとかいう株が入ってくる→流行→ひょっとしてワク打ってる人は重症・死者は防げても、打ってない人が大変……ということになってしまうのでは。

 現状でも医療従事者、悲鳴上げてるのに。

 

ほんとマヌケな話。

やるなら、観客も入れて、大騒ぎすればいいと思う。

それができないなら中止にすれば良かったのに。

 二年延期って森さんも言ってたらしいのに、abeが一年延期で押し通したんだよね。そのくせ開会式にも出なくて……sugaさんちょっと可哀想だった……

 

まぁもうやってるから仕方ないし、見たくなければ見なければいいわけだけど、

NHKは受信料払ってるから、見ないあいだだけでも無料にしてほしい気分よ。

 

 

f:id:maonima:20210727214005j:plain

 

 

こういう異常事態になると、その人の信条とか価値観があぶり出されるんだね。

でもそれは割とどうでも良くて、それ以上に、信条関係なく冷酷さや優しさも、浮き彫りになる感がある。

だから、異常事態になると、信条なんて実はどうでも いいんだってことが分かる。

大事なのは、もっとその人の核にある優しさとか、そういうのなんだって、そういう、ことばにすると陳腐に聞こえることが分かってくる。

 

 

私から見ると、頭のネジが外れたような人が、凄く優しい気持ちの持ち主だったりすることが思いがけず、見えてきたり……。まぁあまりにも???と思うようなことを信じている人は、やっぱしアレなところもあるのだが……。そういう信条になってしまったのはきっと理由があって、その理由というのも聞いてみたかったりする。

 

 まじで売れない……いい本なのに……つらい……