猫も羽<わ>で数えましょう(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

♥️昔描いた漫画、毎週日曜更新予定♥️

折口信夫的思考

上野誠先生より『折口信夫的思考』ご恵贈頂きました。

大学時代、日本民俗学研究会はいって、

卒論も「とりばみ」という民俗行事がテーマだった(『枕草子』に見るとりばみから考察していった、今思うとけっこう斬新だった)。

はじめての一人暮らしには『柳田国男全集』だけ持ってった私としては、凄く読むの楽しみです。

実は好みは折口より柳田なのですが、全体に折口好きな男って多いですね。

俗研でも折口が好きって男は多かったです。

 

折口信夫的思考

折口信夫的思考

 

 

f:id:maonima:20181119124154j:plain

母見舞い。

母見舞い。

娘がもうじきまたエストニアに行くので。

我々が歌をうたったら、なにかぼそぼそ分からない英語の歌をうたっていた。

何を言っているか皆目分からず。

ホームの部屋には、亡き祖母のニューヨーク時代の写真が飾られていた。なぜか祖母の写真だけで、母の昔の写真はなかった。

母の心の支えはニューヨークで過ごした日々だったが、とくに母の亡き母のことが母の支えなのだろうと、父なりに考えてそれを選んで持って来たのだろうか。

写真は1938年か1939年のニューヨーク、6、7歳の母。

左上 伯母、祖母、祖父、小さいのが母。伯父。外人女性はアルマという名の祖父の秘書。母以外、全員故人。とくに祖父は1946年、民間から通訳としてかり出されたボルネオでマラリアにかかり死去。

左上真ん中の右は祖母

下左 母

下右 母ら

f:id:maonima:20181118212914j:plain

振り返るとそこに輝いていた、と信じることのできる過去がある。

そう思えるだけで、母は幸せなのだと思いたい。

 

母の見舞いに行くと、なにかどーんと心身にくる。寝たきりで私のこともよく分からずアウアウ言ってる母を見るのが悲しい。

あんなに聡明で頼みになった母だったのに、

まじ、生きるって何なんだろうという気持ちになってくる。

今の母のようにはなりたくない。母も今のようにはなりたくなかったろう。だからといって、どうしようもない。母も幸せだったんだと思うか、あるいは50年後には私も母も大半の人は死んでる、大差ないと思うか。

娘が、スマホに入れたビートルズ、母の大好きだったビートルズを聴かせたら、「hey jude」のところで、ちょっと私は泣きそうになって、母に「いい曲だよね」と言うと、うなづいていた。

私のことも私の名も娘のことも分からなくなっていても。

猫も羽で数えましょう

娘が小さいころ、2000年ころから2005年くらいにかけて、たくさん手作り絵本を書いたものです。

『猫も羽で数えましょう』

『タマのひみつ』

『ポロのみひみつ』

『海の猫屋』

などなど。

 

小さい娘の発案で書いたものも多く、中でも「なんで猫は羽で数えないの?」という娘の疑問から描いた『猫も羽で数えましょう』は大受けしたものだ。

これから少しずつ紹介していきたいと思います。

f:id:maonima:20181117224313j:plain

あのころ。

私の最初の本、装丁は佐藤雅彦さんなんだよね。

凄く凝ってて、娘に言わせるとセクハラ? 的な仕掛けが表紙(をめくった部分)にあるのだが。とっくに絶版だが

⇒いつの日か別の日か―みつばちの孤独

 

 


このころの暮らしが下人だとすれば今は殿上人のような暮らしかも。でも思い出すと凄くきらめいている。あの時は死ぬほどつらかったのに。
なにしろ、失恋と失業のダブルパンチで。実家に行くたびお米をもらったり、母に持ってた記念コインやドルを売りつけて現金にしていたという……母にってところが小心で生ぬるいが。

 

 

この本に関しては大学の同級生(新聞社勤務)が「出す意味が分かりません」との手紙を何枚も書いて送ってきてショックだった。

中高時代の親友も「みっともない」と言ってきた。

学者になった岩淵君はロンドンから励ましのカードをくれ、いとこは買って祝福してくれた。

当の男は迷惑がり、昔の男は面白がった。

本が出た時、つきあい始めていた夫は、十冊買ってくれた。

 

二冊目以降は基本的にずーっと古典絡み。もともとなりたかったのは漫画家か学者だし(学者は、母が大学院行きを反対して、私も無理には……という気持ちで、諦めた)。

 

いつの日か別の日か―みつばちの孤独

いつの日か別の日か―みつばちの孤独

 

 

うんこ座り健康法

いろんな健康法が、その時々で出てきますよね。

私の子供時代は紅茶キノコが大流行でした。

父も作ってたけど、食べなくなって、捨てた記憶があります。

 

 

こないだは友達に『ゼロトレ』っていうのを教えられました。

きょう、なにげに、うんこで検索かけてたら、

『うんこ座りでオトコの悩みの大半は解決する!』

というのがありました。はあちゅうと結婚したAV男優の「しみけん」が書いてます。

これ、まだ読んでいないのですが、ヒンズースクワットとか相撲の四股を踏む姿勢などに通じる、健康法でしょうか?_

「うんこ座り」というタイトル、そそられる。

 

AV男優しみけんが教える うんこ座りでオトコの悩みの大半は解決する!

AV男優しみけんが教える うんこ座りでオトコの悩みの大半は解決する!

 

 

きょう、18歳の誕生日(猫のほう)↓

f:id:maonima:20181117142822j:plain

立ち耳犬と寝耳猫

明日、寝耳猫は18歳になります。

18年前、夫が人にもらった猫です。

 

シバはペットショップで売れ残ってて大きくなってたのを20%値引きしてもらって買いました。もともと犬はそんなに好きではなかったけど、娘が小学生のころ、どうしても! と言うので飼うことにしたのです。

f:id:maonima:20181116212248j:plain

ライブ

昨日は町田康さんのライブ行ってきました。前日の夕方というぎりぎりに予約したので、入場を許されたのが最後の最後。いちばん後ろに近い席で、しかも立ち見だったので、疲れたけれど、やっぱり歌がめちゃくちゃうまくて、歌詞もしゃべりも面白くて行って良かった。

シバの散歩は一時帰国中の娘に頼むなどして、行った甲斐がありました。

 

 

千枚漬けはほんとに千枚あるのか……という話に、ほんとに千本の手がある、リアル千手の葛井寺の観音様とか思い出して可笑しかったです。

 

八がたくさんとか大きなものを表すように、千て数字は、パワーのある数字だから使っているんだろうけど。

 

 

 

 

それはそうと、あの本がAmazon一位になっててびっくり。

歴史学者は相手にしないスタンスなのだろうか……。

40万部も売れてるんだから、そんなんじゃいけないのでは……。

私も読んでみたいとは思うが、買うのも抵抗があるし。