猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

仲間

きょう来た水道屋さんとひょんなことから歯医者さんの話になったのだが、なんと水道屋さん、極度の歯科恐怖症で、まず笑気麻酔がない所では治療できない、過去には歯科大学病院で全身麻酔で治療受けたというほどの筋金入りで驚いた。型取りもイヤだし、舌に何かが触れるのもイヤなのだとか。

それで歯が三本ないけど、もう一生それでも良いとの事。

全身麻酔て、何されてるか分かんないし、怖くないですか?」

と聞いたら、

「怖くない。いつ死んでもいいし。もう十分生きたから。働くのももう疲れたし」

って言うんですよ。私より全然若いのに!

 

 

同じ歯科恐怖症でも、私とは全く違うタイプ。本当の歯科恐怖症ですね。

私の怖さは、何されるのか分かんない、あと、歯が痛くても歯のせいじゃないことがあって、治療するとかえって痛くなることが多いから植え付けられた恐怖心であるのに対し、彼は治療そのものが怖いという……。

いつ死んでもいいとかいうのも、私と対極。私ははっきり死の恐怖とか、完全欲からきている怖さが主だから。

 

それで彼は、馴れてる歯医者しか行けなくて、今も前住んでた所の歯科に通っているのだとか(このへんの心理は同じだけれど)。

 

 

 どっちにしても、こんなに重症な恐怖症でも頑張って生きてるんだ、とタイプは違っても仲間を見つけたようで、ちょっぴり嬉しかったです。

 

 

毒親の日本史 (新潮新書)

毒親の日本史 (新潮新書)

 

 

八年以上使ったドルツの替えブラシが製造停止なのか、すげぇ高値になったので、新しいドルツ買ったら、すごい歯がつるつる。歯医者はたいてい手磨きススメるけど、手磨きめんどいし、最近の電動歯ブラシは凄いな、と感動。これが昔にもあったらなぁ……

 

首痛で病院

去年の夏以来の脚の痛みは、しびれや可動域の低下はあるものの、なんとか治まってきたと思ったら、二月初めからの首痛が全然おさまらないのできょう病院いったら軽い頸椎症、年ですよ!(その先生、いつも年を強調する)とのことで、ロキソニンテープ処方された。

膝痛の時もらったロコアテープ貼ってたと言ったら、ロコアは絶対首に貼らないでとのこと。

言われなければずっと貼ってたから、病院行って良かった。

 

 

おととい、四月末刊行の初校ゲラ戻して、少し一段落。

でも、毎日、パソコンに向かっているから、首もどこもかしこも痛くなるよね。

 

歯痛は2/26とうとう耐えられなくなって歯医者(デンマーク留学中の歯科心身主治医の紹介のとこ)に予約したとたんに、軽くなった。

精神的不安感もあったのだろう。

とはいえ、レントゲンなども撮ってもらたいたいし、またいつ痛くなるか心配なので、キャンセルしないで行くつもりではある。

 

 

毒親の日本史』はもうすぐ発行↓

 

毒親の日本史 (新潮新書)

毒親の日本史 (新潮新書)

 

 

ポロちゃんロス

毒親の日本史』の再校ゲラが終わり、いまは五月に出る本の初校ゲラやってるけれど、日々、痛みに耐えてる感じで、つらいっす。

去年からの右膝痛は、杖なしになったものの、まだしびれと痛みとひっかかり感があって、太ももに負荷がかかるのか何か知らんが、太ももが痛い。

そして寝違えたのか、2/4朝から左下後頭部が痛い。

もっともつらいのはその関連痛らしき左奥の歯痛……(ふつうなら歯科に行くんだろうが、私の場合、それができないのが拷問)。

さらに右親指のぱっくり割れの痛みとその関連痛……。

 

昔、瀬戸内寂聴先生が、年寄りが集まると、あそこが痛い、ここが痛い、と言ってて辛気くさいからイヤだ、的なことを言っていたか書いてらしたかした記憶があるのだが、自分が今、その辛気くさい年寄りになってしまっている!!

 

でも痛いんだもん。

痛くても、口にするな! かっこ悪いってことなんだろうけどね。

まぁここは自分のブログだから、好きに愚痴言わせてもらいますよ!

 

 

そして、地味にじわじわきてるのが、ポロちゃんロス……。

シバが死んだ時は、その前半年間、腹水・胸水抜きしたり、下痢が続いたり、介護が本当に大変で、いつ死んでも不思議ではないように思っていて、だけど、世話が大変だっただけに、一週間外に出られないくらい悲しくて、散歩コースを辿って逆上がりなんかして、それが引き金でおそらく半月板も損傷したわけだけど……。

ポロの場合は全く手間暇かからず、木曜までもりもり食べてたのが、金曜の朝、突如として食べなくなって、三日寝たきりになって日曜の夜中、正確には月曜に日付が変わったばかり(1/25になったばかり)で死んでしまって、二十歳という年も年だったけど、あまりにもあっけなかったから、骨になっても「死んだ」という実感が湧かなかったのだ。

 

それが、だんだんと、いないことが実感されてきて、今まではポロがいたから助かってたところもあったのに、動物全員いなくなってしまって、本当にひしひしと寂しくて、カラダの痛みも身にしみるのです。

 

 

 

毒親の日本史

毒親の日本史

 

 

 

 

f:id:maonima:20201221171005j:plain

つい死ぬ三日前まで、もりもり食べてたのに(但しこれは去年の写真)。
 

 

ほぼ寝たきりになったのはさいごの三日だけ。ピンピンコロリとはこのことだけど……(寝姿も可愛いポロ)

f:id:maonima:20210122231829j:plain

 

痛みと地震

先週金曜(2/4)くらいから首が痛くて回りにくく、同時に左下奥歯が凄く痛くて、つらい。

デンマークの主治医に相談しても関連痛だろうとのことだし、歯に問題はあるにしても、急に痛くなったのは関連痛なんだろう。

なので、首の痛みを治そうとしているものの、五月に出る本のゲラがまた昨日きたから、それもやらなきゃだし……。

 

そんななか、きのう大きな地震

怖いし、痛みもあって、五時まで眠れなかった。

福島はほんとに大変だ。

まだ本震の可能性もあるとのことだし、コロナもあるしで、もうオリンピックどころではないのではないか。

 

 

 

昨夜(地震の前)、家人と近くの神社に運動のため散歩したとき、ぶんぶんに太った野良猫三匹に餌やりしている人がいた。

まだ野良猫いるんだなぁ。

 

毒親の日本史

毒親の日本史

 

 

猫持ち人への妬みの気持ち

猫の子一匹いなくなってしまって、さすがにさびしく、

猫写真・画像・動画を見たいけれど、見るとつらいという症状に陥っている。

しかもツイッターなどで、猫飼ってる人を見つけると、軽く嫉妬の気持ちがわき上がってきしてまうのだ。

そして思った。

私も、もしかしたら嫉妬されていたのかも、と。

可愛い犬と猫を持っていながら、何を贅沢言っておる! とひそかに思っていた人もいるかもしれない。

そんなこんなで、ツイッターの画像も犬猫はやめた。

見ると幸せだった過去を思い出してつらくもあるし。

 

といっても、やっぱり猫の写真・画像・動画は見たいのだ。

見ては、いいなぁ羨ましい……とやや妬ましく思うと同時に、

過去の私はなんて恵まれていたことか、豊かな暮らしをしていたことか、と思い知る。

 

 

いま出てる「ハルメク」三月号に「スキャンダルで読む百人一首」51回目載ってるよ。今回は陸奥で死んだ平安貴族・藤原実方清少納言ともつきあいがあった人。

そして、『くそじじいとくそばばあの日本史』も紹介してくださってます。

「ハルメク」さん、ありがとうございます!!

 

halmek.co.jp

 

 

 

ただただ、ひたすら可愛かった猫のポロとシバ。

f:id:maonima:20180528201730j:plain

 

 

同姓同名の謎

ツィッターでのエゴサーチをわりと習慣的にしているのですが、きょう、びっくりなことが!

美術方面の学生さんなのでしょうか、卒業の絵本に、「うんちつかいのしんしら」っていう作品を描いて、優秀賞に選ばれた「大塚ひかり」さんがいるではないですか!

twitter.com

私は、うんこ文学史的なものを書くのが夢で、五月に、それ的なものが新潮社から出る予定なのですよ。

古典オタクとして、興味のあるテーマは色々とファイリングしてきましたが、うんこもその一つで、もう何十年も古典文学に描かれるうんこのことをファイリングしてきました。

私生活でも、うんこには色々とこだわりがあるのです。

 

 

それが、同姓同名の見知らぬ人が、こんなふうにうんこをテーマに絵本を描いているとは……。

名前が同じだと趣味嗜好も似てくるものなんでしょうか。

となると、姓名判断なんてのも、あながちバカにできない気もしてきます。

 

「東京新聞」で『旅する神々』書評

本日付「東京新聞」に、『旅する神々』の書評を書きました。

「ナマハゲ」等の来訪神。その信仰観に通じる日本神話の「旅する神々」。大国主神、山幸彦、倭建命、吉備津彦倭姫命という女神も旅してます。

民俗学的な面白さがあって(大学時代、日本民俗学研究会というサークルにおりました)、旅の不自由な今、「旅」という字を見るだけで、なつかしいようなロマンも感じる……。

呼べば応える自然界の神を今なお持っている「しあわせ」とそれを維持・伝承する大切さを感じさせる一冊です。

<追記 ネットでも読めるようです→

www.tokyo-np.co.jp

>

   

神崎先生は、民俗学者で、旅の文化研究所所長、岡山の宇佐八幡宮宮司でもあり、興味深い御著書も色々。 

 

「もう一冊」には、三浦佑之先生の『古事記を旅する』を選びました。

こちらは今は文春文庫になってて、写真も豊富。

 三浦先生は、古事記関連の旅本、ほかにも出されてます。

 

 

 

とくダネ!で、くそ爺婆が

とくダネで、古市憲寿さんが『くそじじいとくそばばあの日本史』を紹介してくださいました。

面白そうだなぁと私まで思ってしまいましたw

古市さん、ありがとうございます‼︎

 

小倉さんが、タイトル連呼してくださったのも、嬉しかった。

 

 

アマゾンの本のランキングで、八位にまで上がりました(紙のほう)。

日本史部門での念願の一位にもなりました。

誕生日を目前にして、これは良きプレゼントです。