猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

やっぱり

シバのこと何見ても思い出す……。

司馬遷とか司馬遼太郎とか見ても、ハッとなるし。

その他、空目もひどい。

 

そもそもうんち袋とか400枚も買ったりしてたから。

あんなに弱ってたのに、どんだけ生きると思ってたんだ私は……バカか……。

でもまぁこれは爺猫ポロにも使えるからいい。 

 

おしっこシートも週末の値引きの時には買い足さなきゃと思っていたし。

缶詰・ドッグフードもいっぱい残ってる。

猫は大量のタウリンが必要だから、犬の食べ物をそのままやれないので、

爺猫ポロのエサに缶詰は少しずつ混ぜて消費しているけれど……。

 

 

昨夜11時近くに、昔まだシバがぎんぎんに元気だったころのお散歩コースを夫と歩いた。

シバはもっともっと先に行けてたけれど、途中まで。

そしたらハクビシンやタヌキ、猫がいた。

 

可愛い猫がいたら拾って来ようかとも思っていたのだが、

いたのは、うちの爺猫ポロよりもずっとずっと太ってふてぶてしい猫ばかり。

これではポロがやられてしまう……と思った。

 

いつもシバの散歩の時、シバを結わえておいて、逆上がりしていた鉄棒で久しぶりに逆上がりにトライしたら、二度目にできてしまったので、自分の身軽さに我ながら驚いた(シバの思い出話でこんな自慢をしてしまう自分がイヤだ)。

 

 

2017年の手術後は(2016年9/9に猫のタマが死んだこともあり)ずっと家犬になってたシバ。ポロにも自分から接近して、仲良くなっていた。これは2017年ころの写真↓

f:id:maonima:20180609151113j:plain

 (きのう日曜、ポロの右前足人差し指の爪が肉球に食い込んでいたので夫に獣医に連れてってもらう。ポロはさほど騒がず、なすがままだったという。老猫で爪とぎ出来ないポロの爪はいつも私が切っていたのだが、シバにかまけて切り忘れていたら、こんなことになってしまった。止血剤ぬったらしいとはいえ、血も少しも出てなくて、痛がりもせず、さすが獣医だと思った)

久しぶりに柴犬マリちゃん

久々に柴犬マリちゃんに見入ってしまってます。

本当に賢いマリちゃん。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

あまりの凄さに、当時、DVDを購入し、銀座のイベントにも行ったほどです。

www.popote.tokyo

サインももらったんですよね。あれから六年か。もっと経っているような気がしてました。

『京都で女王と呼ばれた作家がいた』

読了しました。

ちょっと読み始めたら面白くなってけっこう一気。

 

シバが死んで何もやる気がしない中、

おかげで、

少し思考力が出てきた感じもする!

 

 

まぁ一進一退を繰り返すんだろうけれど。

もう遅いから感想はまた追々。

 

 (追記)

凄く面白かったです。

そしてエピソードがいちいち強烈。

きょう、山村美紗がどんなにモテていたか、生まれ育ちや京太郎や清張との出会い、売れっ子になってからの、編集者を招いての「遊び」やら何やを、夫に話して聞かせたら、受けてました。

 

冒頭とあとのほうに筆を割かれている最近の出版事情など、身につまされることも多いし、もともと私が、美紗と京太郎の関係に非常に興味を持っていたせいもあるのかもしれないけれど、

もう一度読み返したいと思う本に、久々に会いました。

 

美紗と京太郎がいかに売れっ子だったか、納税額にも驚かされます。

  

 

読んでいるあいだは、そしてこの本からの受け売りを夫に話しているあいだは、シバのこともしばし忘れられて、頭もしゃっきりする感じがしたのもありがたかった。

 

だけど、さっき買い物行ったら、ペット用品25%引きセールしてて、ついまた犬のエサを買おうとしてしまって、スーパーなのに涙が出てきて困りました。

これからしばらくこういうことが続くんだろうな……でも仕方ない。

爺猫ポロのエサは、腎臓サポートのとくべつのを通販で購入しているので、歯磨きおやつだけ買いました。

 

 

拙著もよろしく。

 

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

 
女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

 
本当はエロかった昔の日本 (新潮文庫)

本当はエロかった昔の日本 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

きょうも

やっぱりシバがいなくて朝から涙が止まりません。

ついシバの写真とか見返してしまうし。

こうして見ると、猫のポロとはずいぶんくっついていたんですね。

くっいている姿が可愛くて、写真に撮ったということもあるけれど。

 

すべて今年に入ってからの写真。

f:id:maonima:20200427173158j:plain

f:id:maonima:20200501125610j:plain

f:id:maonima:20200505203032j:plain

f:id:maonima:20200524111102j:plain

 

 

こっちは三年ほど前の。

f:id:maonima:20180528201729j:plain

 

かなり前、みんなでどこかに行った時。

f:id:maonima:20140324150537j:plain

 

タマも生きていたころなので

f:id:maonima:20081103185938j:plain


、シバもまだ若かったはず。

 

2009年、鬼押出?で。

f:id:maonima:20090926111323j:plain

 

 

2009年夏、那須で。

f:id:maonima:20090825170544j:plain

 

シバありがとう

シバ、2020年7/9永眠しました。

2005(平成17)年1/26生まれなので約15歳半。

正式名・峰の小雪姫号。

 

 

 

(追記)

シバ、きのう7/9、朝起きたら死んでいました。

午後三時過ぎ、四年前、タマもお世話になったペット霊園の人にきてもらって、きょう骨になって帰って来ました。


ここのところ毎晩、シバは夜鳴きしてたから、最後の夜も弱々しく鳴いていたのに、そのまま寝てしまったことが本当に可哀想で悔やまれます。

猫のポロは気づいていたのに……。
爺猫のポロがそばで寝ていたからさびしくなかったよねと自分に言い聞かせているものの、鳴いているということは私たちを呼んでいたのではないか、と思うと、またどうしようもなく可哀想で悲しいのです。



猫のタマの時は最後まで足がしっかりとして、階段をのぼることはできなくなっても歩くこともできていたし、寝たきりになることもなく、おむつにはなっても、下の世話の必要もないまま、人に頼ることもなく、静かに息を引き取ったので、ただただ純粋に悲しいだけで、その死を受け入れるのには時間もかかったけれど、後悔の念というのはなかった。


でも、犬のシバは、違うんです。

私は猫派で、犬はもともとそんなに好きでもなかったのに、娘の一言と店に行ってペロリとなめられたのにやられて、もう3ヶ月以上に大きくなった売れ残りのシバを買いたたいて連れて来て15年以上。

熱海や那須、川場、実家、あちこち一緒にいったり、

毎日散歩していただけに、思い出が多すぎる。

 

源氏物語』で光源氏が、紫の上を失った時、人が死んで心のおさめようもないほど悲しいのは、必ずしもその人をとくべつ愛しているからとは限らない、小さいころから育ててきて、一緒に年を取ったその果てに死に別れて、我が身もその人のことも思い続けずにはいられない、その悲しさが堪えがたいのだ、思い出が広く豊かであってこそ……と言っているけれど、シバをなくした悲しさはそれに似てる。

犬は人との関わりを深く求めてきます。
シバとの思い出は、私の思い出でもあって、すべてに自分が関わっているし、何を見ても、シバが思い出されてしまうんです。

 

一日、シバ、下痢続き

こいつ大丈夫か? と爺猫ポロも珍しく心配げにお見舞い。

f:id:maonima:20200707232857j:plain

床ずれが心配なので、敷物二重にして、向きを変えてます。

こっち向きは不気味バージョンで、なにか死に神みたいになってるシバ&好奇心丸出しの爺猫ポロ

f:id:maonima:20200708203046j:plain


 まじ、介護疲れでおかしくなりつある……とにかく眠りが中断される日々……元気になってくれればうれしいけど、死に向かっていると思うと、つらいものがありますね。って、考えてみればみんな死に向かっているんだよな。

 

Shi-Ba(シーバ) 2020年 07 月号

Shi-Ba(シーバ) 2020年 07 月号

  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: 雑誌
 

 

スキャンダルで読む百人一首44

「ハルメク」8月号「スキャンダルで読む百人一首」44は藤原朝忠はスキャンダルでのし上がるタイプの図太い系・色好み。娘の穆子は、夫・源雅信の反対を押し切って、当時まだ青二才だった藤原道長を娘・倫子の婿に迎えた人です(サイトでは読めません)。

halmek.co.jp

 

今月の特集は五十代からのスマホ

わたしは、横森美奈子センセーのおしゃれ塾と、読者の人を変身させるページ(変身モノは楽しいよね)が好きで、ほへーちょっとしたことで違ってくるのねーと感心してます。

そうそう、白髪になると、赤とかピンクとか、派手目の色が似合うようになるのよね。それで調子にのってピンクのジャケットとか買っても、結局、なんとなく気恥ずかしくて着なかったり……って、私だけじゃないんだね。

 

 

 

シバ、午後四時過ぎからまた下痢と、鳴き。

以前、手でエサやったら手を嚙まれて食いちぎられるかというほど食いつかれたから(ほんと危なかった。傷口は3分間、流水で洗い、しばらく包帯してた。まだ傷跡が痛むほど)、なるたけ自力で食べさせようとしているのだが、もう無理なのでスプーンでやったら、食いついて離れなくなってしまった。

なんとか放してくれたが、下痢続きで臭いのでお風呂場で洗ったりした。

気づいたら六時……。

 

きょうはほとんどシバと格闘している感じ。

 

 

www.dailyshincho.jp

 

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

 
女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

 

 

 

きょうのシバ

夜中三時、四時と下痢。

朝、十時、立て続けに下痢。

 

 

謎の鳴きが激しい。

お尻、お湯、エサ、撫で撫で、どれをやっても収まらぬ鳴き。

これが獣医のいう、認知症による脳の誤作動というやつか。

きょうもほとんど眠れなかった。

 

最近、睡眠不足な上、いろんな人に会えず、仕事でも打ち合わせのお茶とかできないのが地味にストレスで、色々つらい。

これが俗に言うコロナ鬱?

しかし何にでもコロナつけるよね。

コロナ離婚、コロナ太り、コロナ破産……実際、そういうのあるもんね。コロナの及ぼす各方面への影響力、威力がそれだけ凄いってことだよね。

 

 

(追記)

シバ、昼も何度も下す。苦しいのだろうか、そのたびに「わおわお」鳴くので、爺猫ポロも驚いている。

 

 

愛とまぐはひの古事記 (ちくま文庫)

愛とまぐはひの古事記 (ちくま文庫)

 

 

 

快楽でよみとく古典文学(小学館101新書)

快楽でよみとく古典文学(小学館101新書)