猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

シバ五回目の胸水抜き

3/28(土)午前、シバ、五回目の胸水抜きしました。

一リットルもの水を抜いたとか。

水がたまるのは、獣医によれば「おそらく腫瘍のためだが、手の施しようがない」とのことで、毎回、心臓が止まる危険を伴いながら、抜いている。

結果、最初の水抜きの2019年11/30には「年内の命」と言われていたのが、本日3/29、15歳と二ヶ月以上になってもまだ生きながらえている。

獣医さん曰わく、うちのシバは体力があるらしい。

きょうもほんとに食欲旺盛で、ラクになったのか、すやすや寝てる。

これが水がたまってくると、心肺が圧迫されて呼吸が苦しくなって咳が出てくるのだ。

 

猫のポロは19歳5ヶ月。

 

シバがかんぜんに家犬になったのは、猫のタマが死んでからだから、3年半くらいだが(家が狭いので、それまでは基本的に外)、

このポロとも今は仲良しといえるくらいになって、まぁまぁうまくやっている。

f:id:maonima:20200328161044j:plain

シバは、猫のポロの行動を見ながら身の振り方を決めてるふしがある。

f:id:maonima:20200328161047j:plain

そろそろ、エサを要求する時間か。

f:id:maonima:20200328161216j:plain

 

コロナのせいで心ころころ&『新訳更級日記』

心はころころ変わるからこころ、あるいは心音を模してこころ、など諸説ある。

わたしはころころ変わる説をとる。

コロナもね〜わたし的には世界のほうが騒ぎすぎじゃない? と考えていたのだが、エストニアの娘の話などを聞くと、日本緩すぎ? という気持ちにも傾く。

どっちにしても、気管支炎持ち・中高年の私は注意しないといけないことに変わりはなく、いろいろ不自由な日々である。

 

 

それでも、物書きはものを書き、会社員はリモートワークしながらも仕事に精を出すわけで、それは一つの希望であろう。

ここにもまた一つ、希望というか、『更級日記』の新訳が出る。

どんな状況下にあっても、こうして粛々と、古典文学の世界も成果を出しているのは、嬉しい限りだ。

 

 

 

読んだらまた感想書こう。 

新訳更級日記

新訳更級日記

  • 作者:島内 景二
  • 発売日: 2020/03/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 拙著も買ってくれ。↓

 

エロスでよみとく万葉集 えろまん

エロスでよみとく万葉集 えろまん

  • 作者:大塚 ひかり
  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

コロやんでメンタル低下

毎日、コロやんがトップニュースにくる。

いやでもコロやんを意識せざるを得ない。

メンタルも低下気味であった。

が、町に出ると、コロやん騒ぎが嘘のように人がいっぱい、飲食店にも人がたくさんいて驚いてしまう。

娘のいるエストニアでは、症状の出にくい若者が外に出ると、老人や疾患のある人に知らず知らずにうつしてしまう可能性があるというので、外出する人は自己中だと見なされるらしい。

娘の会社も出勤は禁止され、リモートワーク(本国では「ワークフロムホーム」というのだそう)となっている。

ただでさえ日照時間の少ないエストニア、しかも知り合いも少ない中、娘も鬱々としているようだ。

 

 

そういう話を聞くと、日本はずいぶん自由で良かった……と思う反面、

大丈夫なのか??と、ちょっと不安にもなる。

私のように来年六十、しかも気管支炎持ちだと、コロやんにやられたがさいご、命はないだろう。

そう思うと、ますます不安はつのるのだ。

 

 

そういえば消毒液がまったくなかったのだが、ふとうちの犬猫どものペット用品で代用できないか? と思いついて、「除菌できるふきとりフォーム」を買ったら、これがけっこういい。エモリエント成分も入っているし、今のところ、私はこれをつかっている。

 

 

 

ヨドバシ↓

https://www.yodobashi.com/product/100000001002159072/

私はヨドバシで買ったが、四百円ちょっとだった。

 

 

 

 拙著もよろしく!

 

エロスでよみとく万葉集 えろまん

エロスでよみとく万葉集 えろまん

  • 作者:大塚 ひかり
  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

 

 

 

get out&『歌舞伎に女優がいた時代』

映画get out、ブルーレイ買って見ました。

怖かった。

けど、これに関してはちょっと短すぎる。

 もう少し、長く掘り下げても良かったかな、と。

「ミッドサマー」みて、カルト的なものに興味もったので、その流れで。

 

ゲット・アウト [Blu-ray]

ゲット・アウト [Blu-ray]

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: Blu-ray
 

 

『歌舞伎に女優がいた時代』小谷野敦さんにご恵贈いただきました。

女形じゃなくて、女優がいたんです。

まだ読み途中なので、みんな読んだらまた感想書きます。 

歌舞伎に女優がいた時代 (中公新書ラクレ)

歌舞伎に女優がいた時代 (中公新書ラクレ)

  • 作者:小谷野 敦
  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: 新書
 

 

拙著もよろしく!

 

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

 

 

 

世界が過剰防衛に走ってる&免疫力upするには

連日のコロナ報道を見ていると、世界中が過剰防衛に走っているなぁと思わされる。

もしもこれが高度成長期とかだったら、こんなに死亡率の低いコロナは、インフルの一種としてさほど問題視されなかったろう。

それがここまで世界中が騒ぎになるのは、ベースに世界の人に「不安」があるからだ。

その不安とは、生命を脅かされる不安、主として経済不安だろう。

移民に経済を脅かされる、外国人に経済を脅かされる、ということで、移民差別、人種差別が助長され、アメリカなどではそういう差別主義者が国民に選ばれるということが起きていたところに、それと連動して、国を守らねばという防衛意識が高まる。

実際、こうして世界経済が下向きになると、足りない分はよそから取ろうという発想が出てきて、中国とかは、ますます軍事力upに力を注ぐわけである。

それは全世界的にだんだんそうなってて、日本の首相が憲法改正しようというのも今までもアメリカに何度も言われて実現しなかったのが、今はその流れの中で現実的なものとなりつつあるのだと思う。

 

コロナに対してここまで過剰防衛になっているのは、こうした下地があってのことだと思う。

昭和恐慌、世界恐慌の時と似ていて、経済不況プラス人事で左右できない災害・厄事が降りかかり、防衛本能に拍車がかかり、差別も助長され、へたするとファシズムの台頭⇒戦争への道……となるわけだ。

 

 

 

百年に一度くらいこうしたことが起きるのは、なぜかと考えるにホメオスタシスの法則というか、いろんなことが飽和状態となって自然淘汰されるべく、進んでいるとしか思えない。

 

 

気管支炎になりがち・肺門リンパ腺にかかったことがあったりして肺が弱い・中高年という私などはさしずめ自然淘汰される側なのだが、

それで出てくるのは「免疫力up」ということだ。

 

世間ではしきりにこれが言われていて、そのためには腸を整えよう、乳酸菌をとろうなどと言われているが、21年前、歯科心身症を発症した私に言わせれば、免疫力を左右するのは食べ物とかよりも、メンタルだ。

精神不安定になると、どんなに食事に一生懸命気をつけていても胃腸の状態は悪くなり、体調は悪化の一途を辿る。

ではどうしたらいいかといえば、外に出る、動くことなのである。

これは医者も推奨していた。

当時の私は外に出る気など失せ、また友達との食事会などもキャンセルしたりしていたが、そういうのがいちばん良くない。

 

嫌でも何でも外に出て、外の空気を吸うことが結果的にはとても良かったのである。

松田道雄も、子供の健康のためには「とにかく外気に当てること」と著書で繰り返している。

 

 

コロナに気をつけつつ、外に出ることによって、免疫力はアップする。

逆に、イベント中止、テレワークで、引きこもってばかりで太陽の光を浴びないと、メンタルは確実に低下する。

 

 

 これ、娘が小さいころお世話になった↓

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

  • 作者:松田 道雄
  • 発売日: 2008/02/15
  • メディア: 文庫
 

 

 

歯医者が怖い。 歯の痛みは心の痛み? (平凡社新書)
 

 

 

エロスでよみとく万葉集 えろまん

エロスでよみとく万葉集 えろまん

  • 作者:大塚 ひかり
  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

 

 

ミッドサマー&シバ四回目の水抜き

コロナ疲れでくさくさしているので、きのうは映画「ミッドサマー」を見に行った(コロナのせいで映画館ガラガラ)。

最近、カルトものづいている感があるが、まさにカルトの映画という感じ。

家族とカルトということについて、ますます考えさせられる。

 

ストーリーは不条理だが、ホラーというわりには、作り物感が大きいのでそんなに怖くはなかった。

ただ、ここからはネタバレになるのでアレですが、それでもいい人は読んでね

↓↓↓

 

 

 

 

 

ラスト近くで、生け贄たちが小屋もろとも燃やされるのだが、「これをのむと痛みと恐れを感じない」と村の長老に言われて、何かをなめたにもかかわらず、椅子に座っていた男ははじめ笑顔だったのに、火が燃え移ると物凄い苦悶の表情になる。

これがいちばんリアルで、怖かった。

 

思うにこれは、カルトには嘘が多いということを言うことで、

カルト礼讃にならないようにしているのであろう、というのが私の見解だが。

 

 

 

心情的には二度見はないと思うけれど、いろんな疑問を確かめるためにもう一度みてみたいというような作りの映画であった。

  

www.phantom-film.com

検索すると、いろいろな恐ろしげな古い習俗がてんこ盛りの映画。

blood eagleとか、ドン引きした。

こうして帰宅後、調べていると、またちょっとみたくなる……。

 

 

そしてシバ。

ゆうべ、咳がひどくなって、今朝、四度目の腹水(胸水)抜き。

今回は、処置中、心臓がいったん止まったので、蘇生措置をしたとのこと。

帰宅後、すやすや寝ていたが、いままた起きて咳をしだした。

咳の原因は間違いなく腫瘍であろうという。

が、15歳超えの高齢だし、手の施しようがないので、対症療法になっている。

虐待の起きた家は「カルト的な家庭」なのでは

3/2の大島てる&上祐イベントに触発され、上祐本二冊読んで、やっぱりいろんな疑念が生じたので、

林郁夫『オウムと私』

門田隆将『オウム死刑囚 魂の遍歴……井上嘉浩すべての罪はわが身にあり』

アンソニー・トゥーサリン事件死刑囚 中川智正との対話』

の三冊を、さらに読んでみました。

 

結果、感じたことは……少し時間できたらまた続き書きます。

(追記)

結果、感じたことは、人によって微妙に言ってることが違って、何が本当だかよく分からない、ということ。そしてオウムの犯罪のすさまじさです。

オウムは、一般市民という「外部」の人たちだけでなく、信者たちをも虐待とも言える方法で洗脳し、何人も死に追いやっている。子供もちゃんとした教育を受けられないなど犠牲になっている。

 

洗脳されると、大事な財産も差し出し、人まで殺してしまうとは……と震撼すると同時に、戦争になると、一般人も人を殺してしまうわけで、一種の洗脳状態になるのかな、戦争が起きる時の政府っていうのはどこの国でもカルトと似たようなものなのかも。

 

さらに多くは父親が君臨し虐待の生じている家庭……栗原勇一郎の家など……も一種、カルト的な家庭になっていたのではないか。

そんなことを思った。

 

オウムと私 (文春文庫)

オウムと私 (文春文庫)

  • 作者:林 郁夫
  • 発売日: 2001/10/10
  • メディア: 文庫
 

 

 

 

 

サリン事件死刑囚 中川智正との対話

サリン事件死刑囚 中川智正との対話

 

 

やっぱり感じる上祐氏への疑念

トークイベントを聞き、触発されて本二冊を読んだが、やっぱり拭い去れない疑念がある。

そこまで信じていた人が、完全に断ち切れるのかという……。

ひかりの輪を立ち上げたのは、オウム時代の贖罪をしようという気持ちもあるのだろうけれど、

まず第一に、私が気になったのは、上祐氏の本のこんなくだり。麻原が上祐氏についてこんなことを言った。

「百生ほどあとの来世には麻原から独り立ちすると語り、ほかの信者にもそう説法した。今現在、私は(今生において)麻原から独立したが、これは、ほかの信者に比べれば麻原による支配が少なく、誇大自己が弱かったためだと解釈できるかもしれない」(『オウム事件17年目の告白)

確かに、そうなのかもしれない。

けれど、これではまるで、上祐氏が麻原の言った通りになっているようで、麻原の予言を肯定しているようにも読める。

もちろん本人にはそんなつもりは毛頭ないのだろうけれど、どこかで、まだ麻原の支配がカラダのどこかに残っているのではないか、と感じた。

 

 

もう一つ気になったのは、父親への思いである。

上祐氏の子ども時代、女を作って家を出た父親は、当然ながら、尊敬の対象にはならなかった。

が、翻って考えると、父親は毎月欠かさず10万円の養育費を送り続けていた。上祐氏が団体内部に扶養すべき対象を持ち、外部に賠償すべき対象を持つ今、こうした父親は「目指すべき手本となった」(前掲書)といい、

「父親は〜〜(略)〜〜真に尊敬・感謝すべき対象」となり、

「父は、私を『捨てた』のではなく、『遠くから支えていた』と考えるべきだと思う」(前掲書)

というのだ。

 

 

 このくだり読んで、上祐氏の父への思いの切なさに、目頭が熱くなると同時に、上祐氏が見ているのは、「現実の父親」ではなく、「自分の見たい父親」なのではないか、それって、オウムの犯罪を薄々知りながら、「現実の麻原」ではなく、「自分の見たい麻原」を見て、打ち消し、かばっていた、過去の上祐氏と大差ないのではないか、とすら思えたのだ。

 子は親が自分を虐待しているとは思いたくないもので、虐待された者の三分の二が虐待は「ない」と認識しているという(ジョナサン・H・ピンカス『脳が殺す』)。

 これは一つの自己防衛本能で、そのように考えないと、あまりにもつらいからなのだが、そういうにおいを、上祐氏の認識にも感じた。

 

  つまりはまだまだ、上祐氏は、つきつめて考えたとは言えないのではないか、と思ったのだ。

 

オウム事件 17年目の告白

オウム事件 17年目の告白

 

 

 

 拙著もよろしく!

 

エロスでよみとく万葉集 えろまん

エロスでよみとく万葉集 えろまん

  • 作者:大塚 ひかり
  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

女系図でみる麻原の結婚計画

大島てる&上祐史浩イベントに触発されて読んだ上祐史浩の『オウム事件17年目の告白』、

この中で、ああ、やっぱりそうなるのか、と思ったのが、

1994年に、麻原が男性の高弟が最終解脱するには、麻原の「娘と交わる必要がある」と説いたこと。

それで、上祐氏の相手は麻原の長女、遠藤が四女、村井や新実は麻原の愛人の娘を相手にするように決められた、と。

そして1997年に長女と上祐氏を結婚させる、とも麻原は言いだした、と。

 

 

結局、1995年に逮捕されるので、これは実現しなかったというが、

いや〜〜これって、戦国武将と同じ政略結婚だよね、要するに、娘を使っての勢力基盤の安定化をはかっているわけでしょ。

しかも、なにげに、弟子によって与える娘に差別が生じているのも興味深い。

高弟の中でも上祐氏とか一番のお気に入りは正妻腹の娘、

二番手は愛人腹の娘、と、一段低くなってる。

これって、平安中期の道長が、トップの妻の源倫子腹の娘三人(彰子、威子、嬉子)は天皇家に入内させる一方、ナンバーツーの妻の源明子腹の娘(寛子、尊子)は、小一条院という廃太子(東宮を降りた皇子。道長の圧で降りた)や、臣下(源氏)と結婚させるというふうに、母の「腹」によって区別(差別)をしているのと似たようなもの。

 

発想は変わらないんだなぁ。

「腹」がいかに大事かは、拙著に書いたのでぜひ買ってくれ。↓

 

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

 

 

 

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

 

 

 

麻原の娘との交わりを提案されたことが書いてあった上祐氏の本↓

オウム事件 17年目の告白

オウム事件 17年目の告白