猫も羽<わ>で数えましょう(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

♥️昔描いた漫画も気まぐれ更新♥️

はてなダイアリー時代の日記「再び歯医者が怖い。」5 2013 2/22  &  そして今2019 3/25

2013-02-22 (再び、5)こういう時は、幼児番組 さてところで、 心因性の歯痛にしても腰痛にしても胃痛にしても、 痛みが癖になってしまっている、神経回路が覚えているのを断ち切るには、手っ取り早いのは薬でしょう。 14年前の私にはSSRIが処方されました。…

はてなダイアリー時代の日記「再び、歯医者が怖い。」4  2013 2/21

2013-02-21 再び、歯医者が怖い。4「納得」とは 「納得」とは、私の理解では、自分にまつわる出来事を、自分で消化して、これで良しと肯定することだと思っていたのですが、 『日本国語大辞典』で引くと、 「他人の考え、行動などを理解して受け入れること。…

はてなダイアリー時代の日記「再び、歯医者が怖い。」3  2013 2/20

2013-02-20 再び、歯医者が怖い。3それは更年期と共に今回、こうなったきっかけを考えるに、まず、 「目の痛み」 というのがあった。 歯痛はその関連痛だったわけだが、 私も今年、五十二歳になったわけである。 更年期の症状なのでは? とも思ってみた。 し…

はてなだいアリー時代の日記「再び、歯医者が怖い。」2    2013 2/19

2013-02-19 再び、歯医者が怖い。2心に響いたことば今回、またぞろ14年前のようになりかけ、 とはいえ、14年前と違い、この、常に警戒態勢にある小動物のような緊張感と不安感の原因が噛み合わせとかではなく、歯科でのちょっとした行き違いや不信感による心…

はてなダイアリー時代の日記「再び、歯医者が怖い。」2013 2/18

はてなダイアリーがなくなるそうで、残念! ずーっとはてなダイアリーだったからね。 それで、私のはてなではこの記事がよく読まれているようだ。 いろんな人が引用しているみたい。 一応、このブログにも移行してあるから、このブログの当該年月日にいけば読…

「サザエさんをさがして」

きょう(3/23)の朝日新聞の「be」の「サザエさんをさがして」で、ブスについて語っています。 「朝日」とってる人は、見てみてください。 しかしそれにしても、「ブスのオールドミス」って凄いことばですね。 ことば狩りはよくないとか言う人いるけど、私は「…

youtube葬

狗道研究会で何度かご一緒したことのあるたくきよしみつさん、 お父様を、youtube葬で送った、と、ブログにありました。 web葬儀、 良きかな、と思いました。 http://gabasaku.asablo.jp/blog/2019/03/19/9049044?fbclid=IwAR1DQDLurqxq3W-M4ksBIZXIz5K0qHfy…

グリーンブック

グリーンブック見に行きました。 が、私にとっては中途半端な映画の印象否めず。 掘り下げも浅いし、エンタメ性もいまいち。 どっちつかずで、ちょっとがっくりしました。 帰宅後、モデルとなった人のピアノを聴いたら、それは素晴らしかっただけに、映画は…

女系図でみる日本争乱史 8

女系図でみる日本争乱史の8回目載ってます。 今回は承久の乱。 これは、新書になる時、もう少し書き直したいかな。 www.shinchosha.co.jp

奇想の系譜展

見てきました。 若冲や岩佐又兵衛目当てだったけど、 白隠が良かった! 「すたすた坊主」とか「蛤蜊観音」とか、すごく好みでした。 www.tobikan.jp 禅のこころを描く 白隠 (とんぼの本) 作者: 芳澤勝弘,山下裕二,石川九楊 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2…

また、スクイーズ

買ってしまいました。 さすがにキティちゃん、質感が良いです! 変な匂い、べたべた感もありません。 気に入りました。 ぽにょぽにょ 癒やされる。

あひ〜〜〜〜

一年と一月以上ぶりに歯の定期検診というか、クリーニングしてもらいました。 前と同じブラシを使った機械かと思いきや、今回は歯を削るみたいな機械でウイーンてやってるんです! 手を挙げて「歯石取りですか?」と聞いたら、 「そうです」と言うので、 「怖…

スキャンダルで読む百人一首28&「だるま娘」

「ハルメク」四月号に「スキャンダルで読む百人一首」28載ってます。 今回は超マイナス思考の歌人・源宗于。 息子はギャンブル失踪、娘は男に捨てられ……と実際、不運が続きます。 それはともかく、今月号、三歳で両手両足失った故中村久子さんの記事。 読者…

変態の日本史16

アデイオンラインで連載している変態の日本史が更新されました。 今回は「死体愛」と「死姦」。 こうきさんの絵が凄いです! aday.online

河童の水まんじゅう

崇仲間の影響受けて、私も水まんじゅうのガチャ買ってしまった。 もちろん、癒やしを求めて、です。 河童好きとしてはどうしても河童のやつがほしくて。 でも単体では買えず、八個セット。 楽天セールで安かったし。 ぽにょぽにょで気持ちいい。 ※食べられま…

「スキャンダルで読む百人一首」27

忘れてましたが、 「ハルメク」3月号に「スキャンダルで読む百人一首」27載ってます。 紫式部の曾祖父・兼輔の歌から見る平安時代の恋愛事情書いてます。https://halmek.co.jp

翔んで埼玉

翔んで埼玉、封切り二日目にみました。 面白かったけれど、期待が大きかったので、そこまでではないかな。 ちょっと戦闘シーンとか長すぎると思った。 と、思うのは私が神奈川県民だから、かも。 ひょうちゃん、集めてますとも!! そのあたりの気持ちは、映画…

ベティさん

母がニューヨークにいたころ、ベティ・プープのアニメが大人気だったそうで、 日本人の母はベティさんに似てるというので、あだ名もベティでした。 後年、母は英語を忘れないよう、ウイードさん、アグネス・ハーカーさんといったアメリカ人についたり、グレ…

コニーアイライドのビーチ。

左上、左から母、伯母、祖母。 左下、母ト祖母。 祖母は変な帽子をかぶっている。

ニューヨークでの祖父母ら

左上、郵船の夫人たちと。右から二番目の黑っぽいドレスの小柄な女性が祖母。 左下の右が伯父。 右上、いちばん手前でふんぞり返っているのが祖父。 右真ん中、の中央が伯母。 右下、伯父。

ニューヨーク万博にきた宝塚

祖父母らがニューヨークに滞在中、1939年ニューヨーク万博。 上の帽子をかぶった男が祖父。その隣の少女が伯母。その隣が伯父。

ニューヨーク万博

祖母や母らがニューヨークに滞在中の1939年、ニューヨーク万博があった。 宝塚もきたらしいが、不人気であったという。 右上の写真の小さい子が母。その隣の黒いドレスが祖母。その右の少し背が高い少女が伯母。

祖母のこと

祖母・康子のことは以前、はてなダイアリーのころに書いたことがあるが、1902年生まれの祖母は当時としては珍しく、薬学校に行き、薬剤師となった。 横須賀住まいだったため、受験生のころから新宿の太宗寺に下宿していた。 当時は下宿屋などもあまりなく、…

お雛様

二月生まれの私ですが、二月は一年でいちばん衰弱というか、寒さで痛みが出るため、つらい季節です。 つらくなると、どうも亡き祖母のことを思い出す私。 祖母が心の支えだからでしょう。 亡き祖母から譲り受けたお雛様を今年も出しました。とても小さな木目…

周期

痛みは周期的にきているようです。 友達が言うには、生理がなくなっても、生理のころになると頭痛がしたり、甘いものが食べたくなることに気づいた、と。 私は生理不順でしたが、たしかに歯痛は一、二ヶ月に一度、一週間くらい続き、それって、そうか……と思…

肩・首の痛み

なんなんだ! というくらい、首と肩が痛いです。 それに伴う歯痛も……。 一週間前から右上、きょうから左上に移転。痛みは軽減してきているので、 関連痛のたぐいでしょうか。 関連痛といえば、堀ちえみが舌癌……驚きました。 口内炎もできてたのに、リウマチの…

右腕の痛み

五、六年前から右腕というか、ひじが痛くて、荷物は持てても、何かを持ち上げると激痛が走り、引き出しの茶筒も左手や両手で持ち上げなければならぬほどになっている。 三年くらい前、整形外科に行くと「テニス肘」という、パソコンをやる人に多い症状だと診…

美術展二連発

土日は連チャンで美術展。 土曜はヒグチユウコ展へ。昔、母が教材に使っていたリチャード・スカーリーの絵本の猫をちょっと思い出しました。もちろんそれよりは不気味で、なんとも惹きつけられました。 日曜は酒呑童子絵巻展。 まな板にのせられた脚も、血し…

50万円分の唐揚げの夢

おととい、妙な夢を見た。 夢はいつも妙なんだが、今まで見た夢と明らかにパターンが違う。 なにしろ生まれてはじめて唐揚げの夢を見た。 どこか風俗みたいな店の控え室に私と知らない女がいる。 どうもその女は唐揚げを注文したらしい。 それも大量に注文し…

玉川奈々福さん

きのうは、銀座の観世能楽堂で「奈々福、独演。」みてきました。 「浪曲平成狸合戦ぽんぽこ」面白かった。 そしてジブリの鈴木敏夫さんとのトークが凄く良かった。 「語り物」への思い入れ、高畑監督と宮崎監督の違いとか、興味深いことがたくさん。 高畑監…