猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

一切皆苦の人生、だましだまし生きながら、売れない本の宣伝しています

「性教育ジャーナル」

伏見憲明さんが「性教育ジャーナル」でご紹介下さいました。 ジェンダーレスの日本史-古典で知る驚きの性 (中公新書ラクレ 779) 作者:大塚 ひかり 中央公論新社 Amazon

特選小説

特選小説で、斎藤岬さんが取材して下さいました。 ジェンダーレスの日本史-古典で知る驚きの性 (中公新書ラクレ 779) 作者:大塚 ひかり 中央公論新社 Amazon

花は

花は枯れるのでしぜんと捨てやすい。 エコである。 人間も本来は、花のように年を取ったら枯れるように死んでいって、土に帰るというのがエコな気がする。 高齢者への延命措置とかは苦しみを長引かせるだけだ。 八十代後半以降になって、口からものが食べら…

 半月板損傷から二年以上

経ったけれど、治らない……。 相変わらず膝にはつっぱり感と、痛みがある。 けど、馴れてしまった感じ。 サポーターつけていると、サポーターの違和感で痛みは感じないし。 いつまでも消えない「痛み」の正体 作者:牛田 享宏 青春出版社 Amazon とれない「痛…

あまりにもつらい時は

つらい時は友達に話を聞いてもらいたくなりがちなのだが、 あまりにもつらい渦中だったりして心が混乱している時は、 それはやめたほうがいいとこの年になって悟った(遅すぎ)。 友達だって、ああでもないこーでもないと混乱している私の負のオーラに巻き込ま…

見えない人

世の中には、とても●●に見えない人というのがいる。 と、きょう思った。 二十歳に見えない。 五十に見えない。 日本人に見えない。 ……といった「見えない」は、その理由が単純で、分かりやすく、ことばにしやすい。 しかし、 母親に見えない。 水商売に見え…

やましたひでこと『源氏物語』

断捨離のやましたひでこさんが好きなのだが、 彼女はよく「その人の部屋はその人自身を表している」と言ってて、その通りだと思う。 『源氏物語』でも、鬚黒の北の方が長年、“心違ひ”の病におかされ、陰鬱な状態になっており、部屋なども妙に乱雑で清潔なと…

座る時間

あと、有名な話だが、座る時間が長いと、何かとまずいというのがある。 メンタル的にも然りだそうで、 座る時間ばかりの私は超焦る。 なるべく立ったり、歩いたりはしているが。 ストレス脳(新潮新書) 作者:アンデシュ・ハンセン 新潮社 Amazon 孤独もいけ…

甘いもの断ち

をしている。 甘いものは、鬱気分を亢進させ、諸悪の根源と聞いたからだ。 実は今までも何度か甘いもの断ちしてきたが、どうしても食べたくなる時があって、なし崩し的に食べていた。 甘味が麻薬というのは納得できる。 さて、いま便秘になりがちな薬を服用…

最近、諸悪の根源は、男尊女卑にあった気がしている。 母は、男の子は跡継ぎとして大事に思っていたのに対し、私のことは召使いのように思っていたふしがある。 母が死んで一年近く経って、色々と気づいてきたのである。 この感じはあれだ、振られた時と似て…

一切皆苦

このところつくづく思うのは、この世は一切皆苦なのだなと。 そういう前提で生きていたほうがいいのではないかと。 でも、こんなことは子ども時代には誰も教えてくれなかった。 子ども時代といえば、私は親にいつも「反抗的」「ああいえばこういう」「口答え…

新刊

ここずっと舌がピリピリ灼熱感があって痛いっす。 まさか舌痛症? 十分あり得るだけに、恐ろしい……。 久々の新刊なのに、売れてない〜〜 これ、一年間、ほんとうに苦労して、添付資料もデータで三百個以上Scanして、版元にも同じくらい送信し、校正もいつもの…

末永史

妙に気になる人というのがいて、私は末永史というマンガ家の作品をもうずっと昔に読んでいて、忘れられなかったのだが、亡くなっていたことを知ったのはコロナ前であった。 editorsnote.cocolog-nifty.com ブログもたまに読んでいたのに、途切れたから、検索…

『歴史をこじらせた女たち』

11/5付け「東京新聞」書評頼まれて書く。 著者は、漫画日本の歴史を愛読していたが、女性は卑弥呼と紫式部しかいないのが不満だったという。 ほんとにねー昔は男尊女卑が家庭や教育現場にもはびこり、しみわたっていたからね。 今でもその名残があるから、色…

オーディオブック

audiobook.jp 音読するということは、すべてにルビを振るということで、よみ方のわからない名前などは通説に従いました。 「音」になると、昔話を聞いているような別の味わいがあります。 猫奥(3) (モーニング KC) 作者:山村 東 講談社 Amazon 猫奥(4) (…

承前

例のグロい映画のラストの謎が気になって色々調べたのだが、キリスト教がよく分かってないと、これはいかんだろうという考えもあり、頑張って英語でも調べてみたら、以下のサイトがヒットして、これまた好奇心と道連れに頑張ってナナメ読みして、なるほどと…

絶対オススメしない映画二本

ひょんなことから、映画二本見た。 「ミリオンダラーベイビー」と「マーターズ」。 どっちもオススメしない。 「ミリオンダラーベイビー」は結末、安易ではないか。もしや、究極の恋愛映画なのかもだけど(近松の心中物的な)。 娘とわかり合えない父の心情は…

異型狭心症

先日、凄い胸痛が十数分続いたので、循環器内科へ行くと、 「異型狭心症」 との診断だった。 わたしの場合、家族歴(心筋梗塞、脳梗塞)もなく(母は脳出血なので該当しないとのこと。その他、心臓弁膜の形状等はこの病気とは無関係とのこと)、高血圧や糖尿など…

絶版本だらけ

大学時代、黒田日出男先生が、「本はすぐ絶版になるから、売っているうちに買わないと」と言っていたが、ほんとにそう。 かといって、いちいち買っていたら狭い家に置き場所がないからどうしても図書館を利用することになる。しかしもはや図書館に置いていな…

ウンコの教室

まだ読み途中だが良い本だと思いました。 日本の子が学校でウンコをしにくいのは、トイレは休み時間に行くものという習慣があるからというのは目からウロコ。 ウンコの問題が、色んな社会的・構造的な問題につながってくる、つなげていく手法が好感がもてる…

休み明け直前の自殺が多いのは、「明け」直前だからというより、「休み」が続いたからではないか

夏休み明け、正月明け直前に自殺する人は多い。 周囲にもそういう人がいる。 が、個人的な感想と実感ではあるのだが、 わたしは「明け」直前だからというより、 「休み」が続いたからではないかという気がしている。 私も23年前、心の病を発症し、ほとんど外…

知らん

もうどうなっても知らんことにした! 毒親の日本史 (新潮新書) 作者:大塚 ひかり 新潮社 Amazon 呪詛 (角川書店単行本) 作者:花輪 和一 KADOKAWA Amazon

痛み

昔、歯の痛みは心の痛みといったコンセプトの本を書いたものだが(絶版)、 膝痛に加え、今日は腰痛が激しく出て、やばい。 歯医者が怖い。 歯の痛みは心の痛み? (平凡社新書) 作者:大塚 ひかり 平凡社 Amazon

瀬野先生

snsで、鎌倉殿の話をしてたら、同窓の日本史教師をしている方と、亡き奥富敬之先生の話になって少し盛り上がった。 講演で、奥富敬之助教授を、奥富けいのすけ教授と紹介された話とか、よく色々覚えているなぁと驚いた。 私がすごく印象的だったのは、奥富ゼ…

一幡は殺されたのになぜ弟の善哉(公暁)は殺されなかったのか

大河を見てて、 「なぜ一幡は殺されたのに、弟の善哉は殺されなかったのか」 という疑問を抱いている方がいらしたのですが、一幡は比企氏腹だけど、善哉は違うということに尽きるのではないでしょうか。 源氏の外戚として権勢を握った北条氏は、比企氏腹の一…

頼家の殺され方

大河ドラマ、人気ですね。 私も例年はそんなに見ない大河ですが、専攻が日本中世史で、『吾妻鏡』などはまさに授業でおなじみで、『愚管抄』も愛読書だったりするので、今年はわりあい見ています。 同窓の野村育世さんが、大河関係でテレビに出ていたりして…

泣き言

コーエツの物言いがきつくて震える これこれ。この肉食の食客↓ 自選恐怖小説集 人間溶解 (角川ホラー文庫) 作者:森村 誠一 KADOKAWA Amazon

現代語訳小右記

面白いです(手元に常備したいけど、巻数多く……いま14巻まで出てる……家が極狭小で置き場所がないので、図書館で借りてる。すぐ見たい時は、デジタルコレクションの原文見てる)。 今までは必要なとこだけ、国会図書館のデジタルコレクションの漢文で読んでたけ…

笙野頼子の文芸家協会の寄稿の「女」っていうのは文学的表現なのかなと私は思ってたけど、いま、大変な論争になってるんだな……。 笙野頼子発禁小説集 作者:笙野 頼子 鳥影社 Amazon

肉食の食客

森村誠一の『人間溶解』所収「肉食の食客」が面白いとどこかで見て、今さらながら読んでみましたが、ぐいぐい引き込まれて一気読み。 読みやすい。 怖い。 面白い。 オススメです。 自選恐怖小説集 人間溶解 (角川ホラー文庫) 作者:森村 誠一 KADOKAWA Amazo…