猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

物干しの工夫

きょうはちょっとゆるい話ですいません。 ゆるい話好きじゃない人はスルーしてください。 室内干しって色々ありますよね。 だけど場所取るし、ホスクリーンとかも天井に吊すものを設置しないといけなくてめんどい。 それで、私が思いついたのは、昔ながらの…

毎日

こつこつ仕事をしてます。 そんな中、嬉しいのは、年内の命と言われたシバがきょうも生きてること。 猫のポロ(19歳3ヶ月)も、シバの中では、群れの一員という感覚のようです。 拙著もよろしくです。 最近は、売れないとすぐ絶版になってしまいますので、ご購…

tataがすき

BT21のtataが好きで、ずーっとグッズがほしいと思っていたのですが、 17日、いろいろ買って、ほんとに可愛くて大満足。 こういう身の回りのものを好きな、かわいいもので固めていくって大事ですね。 毎日、どっかしら痛くて、落ち込むことがあっても、 ほっ…

変わらぬ嬉しさ

年内中の命と言われたシバ、1/11に心膜の水抜いてもらったのが効いて、きょうも生きてます! 食欲旺盛、快眠、羨ましいくらいの快便です。

ミイラ展

ミイラ展行ってきました。 きょうは月曜開館の日だし、コロナあるし、空いてるかと思いきや、けっこう混んでた。 けど、待ち時間などはなく入れました。 私、なにげにミイラはけっこう見てて、羽黒山の即身仏はじめ、大英博物館のエジプトのミイラたくさん、…

シバ、生きてます

シバ、1/26の15歳の誕生日から三週間近く経ちますが、生きてます。 元気に、とは言えないけど、12日、いったん落ちた食欲も、今日は取り戻し、なかなか良い勢いで食べてました! 19歳と3ヶ月のポロのほうは衰えを知らぬ元気ぶり。 そういえば、昨日、医科歯…

ジョジョラビット

ジョジョラビットみにいった。 期待してなかったけど、良かった! 私の中では、ここ最近みた映画の中では、 「工作 黒金星と呼ばれた男」>>「ジョジョラビット」>「パラサイト」 みんな面白いんだけど、圧倒的に「工作」。 工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)…

恒例の花

夫が誕生日恒例の花、買ってきてくれました。 まぁ嬉しいものですね、花は。

哺乳類には愛が必要

私も59歳となり、シバも15歳を超え、ポロも19歳をはるかに超えて思うのは、 同じ哺乳類、犬猫も人も愛が必要なんだなぁということ。 ママの胸でおっぱいをのむ仕様の哺乳類は、 たとえ保育器の中で育ったとしても、 生後まもなく箱に入れられて売られたとし…

誕生日

ディノスに「お気に入り」的な商品を紹介するコーナーがあって、そこで知ったピンクのおまめさん、その人がアクセサリーを扱うことになって、アクセサリーにはあんまし興味はなかったけれど、良心的なお値段で素敵なもの売ってるな〜とくにevaっていうのいい…

「スキャンダルで読む百人一首」39&いいもの買った

「ハルメク」三月号に「スキャンダルで読む百人一首」39載ってます。今回は嵯峨帝の曾孫・源等。彼のきわどい歌を、きわどい解釈で紹介しています。 magazine.halmek.co.jp あと、これ、今更ながら、シバ・ポロの食器を変えた。 というのも、年取ったふたり…

きょうのシバポロ

きょうはこんな感じ。 また、ポロがシバの寝床を奪おうとしてますw 幸い、シバは今のところ咳もなく、食欲もあって、命をつないでいます。 私は誕生日前後のこの時期、いつも具合が悪くなって、 まぁ昨日もいろいろありました。

ポロの凄み

きのう、夜中恐ろしいものを見てしまいました。 猫のポロ(19歳オス)はいつもシバ(15歳メス犬)の大きな寝床を奪ってるせいで、最近はシバははじめからポロの小さな寝床で寝ることが多いのですが(泣)、 昨夜もそんな感じでいたところ、それをポロがじーっと見…

『はじめて読む源氏物語』『BLが開く扉』

『はじめて読む源氏物語』ご恵贈頂きました。 「桐壺」巻から「幻」巻までなので、『源氏物語』といっても宇治十帖は入っていないのですが、光源氏の生涯が、例文と共に頭に入ってくる構成かな、と。 まだぱらぱらとしか見てないので、もう少し時間のある時…

きょうのシバ(15歳+3日)&最近、使ってめっちゃ便利だったもの

引き続き、シバ元気です! 1/11の水抜きは、11/30、12/21の腹水・肺水の水抜きと違って、心膜にたまった水抜きだったのですが、元気になり具合が格段に違います。 もちろん、認知症で一つ所をうろうろぐるぐるというのは変わりませんが、 とにかく食欲が凄い!…

シバ15歳の誕生日

シバが15歳になりました! 11/30に余命一、二か月(年内)と言われたシバ、対症療法として、咳がひどくなると三週間おきに水(腹水、胸水など)抜いて、とうとう今日、無事、15歳の誕生日を迎えられました! 今のところ咳も出ず、昨年11月19歳になった猫のポロと元…

『源氏物語』対談

ここで、『源氏物語』について語ってます。↓ filt.jp 対談の日は、いろいろ大変な時でしたが、 古市憲寿さん、とても話のしやすい素敵な方で、楽しかったです! 『源氏物語の教え』もよろしくです。↓ 源氏物語の教え――もし紫式部があなたの家庭教師だったら (…

『たまもの』

『たまもの』 私は単行本のほうを出版当時買って持っているのだが、とにかくこの本は珍本というか、希有な記録だと思った。 そして主役は坪内祐三だと感じた。坪内さんの文章はスノッブというか、気取ってる感じがして、実は私は熱心な読者ではなかったのだ…

ハルメク二月号に「スキャンダルで読む百人一首」38

ハルメク二月号に「スキャンダルで読む百人一首」38載ってます。 今回は右近の“忘らるる身をば思はず”という、ちょっと言霊的に怖い歌。 お相手は敦忠。あの、菅家を左遷した時平の子です。 さて、今月のハルメク、面白かったです! 私の好きな片づけ特集。片…

あけましておめでとうございます。

2020年になりました。 無事、新しい年が迎えられて、ホッとしてます。 昨年末は11月以来、不調続きで、今日も体の上から下まで右半身に痛みが走りますが、 なんとか無事、生きています。 食欲もまずまずあります。 まぁこのていどなら御の字でしょう。 今年…

今さらながら根津甚八(現実逃避)

今さらながら根津甚八にはまってる。 今まで私、芸能人てほとんど好きにならなくて、好きなの山口崇さんくらいだったんです。 あとはサスケとか土方歳三とか柳生十兵衛とか、漫画の主人公や歴史上の人物ばかり……。 それと河童など古典キャラや、カッパのコタ…

「スキャンダルで読む百人一首」37

12/10売り「ハルメク」2020一月号に「スキャンダルで読む百人一首」載ってます。37回目は百人中もっとも謎の人物といっていい文屋朝康。なぜ彼は選ばれたのか? 定家好みについて書きました。 halmek.co.jp

12/9付け「讀賣新聞」夕刊に『女系図でみる日本争乱史』

12/9付け「讀賣新聞」夕刊に『女系図でみる日本争乱史』が紹介されました。 ありがとうございます! とっても嬉しい。 これで売れてくれるといいなぁ。 女系図でみる日本争乱史 (新潮新書) 作者:大塚 ひかり 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/09/13 メデ…

11/30付け「西日本新聞」に『エロスでよみとく万葉集 えろまん』

11/30付け「西日本新聞」に『エロスでよみとく万葉集 えろまん』の書評が載りました。 ありがとうございます! エロスでよみとく万葉集 えろまん 作者:大塚 ひかり 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/08/21 メディア: 単行本(ソフトカバー)

出雲神話論

三浦佑之先生に『出雲神話論』をご恵贈頂きました。 ここのところ、色々大変で、手つかずだったのですが、 今夜あたりから拝読しようと思います。 拝読したら、感想書きます! 出雲神話論 作者:三浦 佑之 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/11/25 メディ…

血液検査の結果

そして、きょう、一週間前、あまりに咳が治らぬのはおかしいというんで、内科医に「血液検査しましょう」と言われるままにした検査の結果を聞きに行きました。 肝臓や感染症の数値は異常なし。 が、アレルギーの数値が異常でした。 正常値170以下のところ、…

薬の怖さ

ここのところ、生まれて初めて薬の怖さを痛感する出来事がありました。 11月10日に引いた風邪が治らず、病院に行き、処方された薬のうち、 クラリスロマイシン錠200mg×2錠×五日服用<一日400mg> カルボシステイン錠500mg×3錠×五日服用<一日1500mg> ツロブテロ…

咳のをば様

薄髪じゃない、薄紙を、剥がすように、良くなってる気がする咳が。 というか、発症から二週間近く経つと、もうこれ風邪じゃなく、気管支炎というか、喘息になってる感じ。 抗生物質ものんでるし、咳止めパッチも貼ってるけど、ちょっと手遅れというか……。 と…

ノートに書き付けている好きな歌やことば

風邪引きで、集中力も衰え、ふと昔のことを思い出し、昔のノートを取り出したら、 好きな歌がたくさん書いてあった。 好きな歌や、ことばは高校時代くらいから集めていたのだけれど、 このノートは26歳のころ、さる人よりもらって、そこに好きな歌とことばを…

「週刊新潮」に『エロスでよみとく万葉集 えろまん』

秋田でひいた風邪のせいでまだのどが超絶痛くて咳が止まらぬ……。 そんな中、きょう発売の「週刊新潮」に『エロスでよみとく万葉集 えろまん』載ってます。 『万葉集』のエロス特集してくださったのです。 とてもありがたいです。 これだけして頂いて、売れ行…