猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

maonima2012-11-03

風邪で何もできないので読書。
三浦佑之先生『古代研究』。スサノヲが馬の逆剥ぎを忌服屋に落としたことと、おしら様が関わるとは……のっけから刺激的。

古代研究 列島の神話・文化・言語

古代研究 列島の神話・文化・言語





豊田正義『消された一家』。最近の事件と似ているということで……。私がいくらンコの話題が好きでも、こういうのは本当に辛い。
「通電デビュー」だの松永太の造語が可笑しくて怖い。
本当に恐ろしいものはどこか滑稽なのだろう。




上原作和・安藤徹・外山敦子『かぐや姫と絵巻の世界』
これは美しい本です。『竹取物語』の原文がオールカラーの華麗な『竹取物語絵巻』とともに紹介されてて、もちろん現代語訳も付いてる。
竹取物語絵巻』買うだけで最低でも三千円は普通するので、物語と現代語訳と解説付き(巻末には絵巻諸本の場面・構図比較一覧表付き)で1500円はお買い得だと思います。
惜しいのは表紙! 表紙が『竹取物語絵巻』の華麗な一枚だったらもっと良かったのに〜。でもこの地味な表紙だから安く抑えられているのかな。








しかし伏見稲荷って行くたび思うけど不気味な神社ですね。
人の欲が渦巻いているというか……
惹きつけられるけど、怖いです。