感謝

よく「感謝しなきゃいけませんねぇ」「ありがたいですねぇ」と言ってくる人がいるが、いつも余計なお世話だと感じる。

 

感謝とは、人から「ねばならない」と押しつけられるものではなく、しぜんと湧いてくるものである。

薄々感じていたが、きょう確信した(今更だが!)

いろいろ整理していて、昔つきあっていた男がコピーしてくれた『弥勒信仰』の書類、『鞍馬寺』の書類、それをつくづく見つめていたら、「ああ、ありがたい、私のために」と、もう三十年以上経って、しみじみ感謝の念が湧いてきたのである。

 

心の奥底からの気持ちだった。

感謝の念は、リアルタイムで湧いてこないとしても、時がくれば湧いてくることもある。

 

ありがたさもそうだ。

それをぐいぐい、第三者に言われる筋合いはない。

湧いてくる時は湧いてくる。

本当に心の底からの、ありがたいという思いは。

 

 

本当はエロかった昔の日本 (新潮文庫)

本当はエロかった昔の日本 (新潮文庫)

 

 

 

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)