猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

一切皆苦の人生、だましだまし生きながら、売れない本の宣伝しています

絶版本だらけ

大学時代、黒田日出男先生が、「本はすぐ絶版になるから、売っているうちに買わないと」と言っていたが、ほんとにそう。

かといって、いちいち買っていたら狭い家に置き場所がないからどうしても図書館を利用することになる。しかしもはや図書館に置いていない本も多い。

 

この太田素子さんの本もいい本で、こんな高値がついているけれど、入手困難になってる。

 

これはかろうじて手に入る。

 

 

私の本も絶版だらけ。

人はご飯とかには千円くらい出しても、本に千円は惜しいと思うのか、売れない。売れないまま絶版になる。

 

 

 

 

単行本だともっとなる。

『オバサン論』は、この手の本の嚆矢だが、えらい値段がついてて、びっくり。でもこれが売れたとて、著者には一銭も入らぬ。

 

絶版になってる本は、いつかキンドル化したい。

まぁ聞くと、キンドルにしても、本当に売れないそうだから、要するに物書きでは食えないということだ。

物書き専業が出てきたのも、歴史的にはつい最近……江戸後期のこと……だからこれはまぁ仕方ないのかもしれない。