猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。

スキャンダルで読む百人一首21

「ハルメク」九月号の「スキャンダルで読む百人一首」21回目は素性法師の「今来むといひしばかりになが月の〜」です。この歌、女の立場になって詠んだ歌といわれてますが、ほんとにそうなのか。実は男である素性が男の恋人を待つ歌なのでは?? というのが私の解釈です。

https://magazine.halmek.co.jp