猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

『京都で女王と呼ばれた作家がいた』

読了しました。

ちょっと読み始めたら面白くなってけっこう一気。

 

シバが死んで何もやる気がしない中、

おかげで、

少し思考力が出てきた感じもする!

 

 

まぁ一進一退を繰り返すんだろうけれど。

もう遅いから感想はまた追々。

 

 (追記)

凄く面白かったです。

そしてエピソードがいちいち強烈。

きょう、山村美紗がどんなにモテていたか、生まれ育ちや京太郎や清張との出会い、売れっ子になってからの、編集者を招いての「遊び」やら何やを、夫に話して聞かせたら、受けてました。

 

冒頭とあとのほうに筆を割かれている最近の出版事情など、身につまされることも多いし、もともと私が、美紗と京太郎の関係に非常に興味を持っていたせいもあるのかもしれないけれど、

もう一度読み返したいと思う本に、久々に会いました。

 

美紗と京太郎がいかに売れっ子だったか、納税額にも驚かされます。

  

 

読んでいるあいだは、そしてこの本からの受け売りを夫に話しているあいだは、シバのこともしばし忘れられて、頭もしゃっきりする感じがしたのもありがたかった。

 

だけど、さっき買い物行ったら、ペット用品25%引きセールしてて、ついまた犬のエサを買おうとしてしまって、スーパーなのに涙が出てきて困りました。

これからしばらくこういうことが続くんだろうな……でも仕方ない。

爺猫ポロのエサは、腎臓サポートのとくべつのを通販で購入しているので、歯磨きおやつだけ買いました。

 

 

拙著もよろしく。

 

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)

 
女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

女系図でみる日本争乱史 (新潮新書)

 
本当はエロかった昔の日本 (新潮文庫)

本当はエロかった昔の日本 (新潮文庫)