猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

一切皆苦の人生、だましだまし生きながら、売れない本の宣伝しています

一切皆苦

このところつくづく思うのは、この世は一切皆苦なのだなと。

そういう前提で生きていたほうがいいのではないかと。

でも、こんなことは子ども時代には誰も教えてくれなかった。

 

 

子ども時代といえば、私は親にいつも「反抗的」「ああいえばこういう」「口答えばかり」と言われていて、また親の会話に口を挟むというので「どびん」とか「茶瓶」とかも茶化されていた。

態度が悪い、口答えするなと父に殴られたこともあった。

母もそれを止めるどころか、助長していたふしもある。

それでずいぶん自己肯定感の低い子に育ってしまったと思う。

 

 

母は落ちぶれ感の強い人で、

「父親さえ生きていれば」という思いが常に心の中にあり、

男の子に期待するところが大きく、男尊女卑も激しかった。

アメリカ育ちの母親でもそうなのだ。

いや、アメリカは案外マッチョ社会だから、不思議はないのかもしれない。

 

「女の子なんだから!」

「だよじゃない! よ、と言いなさい」

ともよく言われた。

 

ジェンダーレスの正反対である。

 

 

こうした親の、残したツケはあらゆる意味で大きいと実感する。

 

 

 

 

 

 

 

 


www.youtube.com