猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

分かってらっしゃる

maonima2006-07-19

2006-07-19,"分かってらっしゃる","


 昨夜、ざんざん降りの中、散歩に行こうとシバに首輪を付けようとしたら、逃亡してエライ目に遭った。猫を使っておびき寄せて捕獲したあとは疲れて散歩はしなかったので、今日は雨も小降りだし、たっぷり散歩。

 後半、シバは川のそばに立ち止まって動かない。

 シバのなすがままにしていると、川の流れを飽きもせずに見つめている。このところの雨続きで、川が増水していて、ねずみ色の濁流になっているのを、いつもの川と違う…と思って、珍しがってる面持ちだった。

 シバは川のことはいつもチェックしていて、カラスが水浴びなどしていると、じっと見つめたりすることが今までもあったのだが、こんなに長々と川を見つめることは初めて。立ってるのが疲れるほどなので、「帰るよ」と声をかけて一緒に帰ってきたけれど、シバは案外、いろんなことを理解しているものだ。

 「ボール」と言えば、ちゃあんとボールを持ってくるし、「帰るよ」と言えば、渋々でも歩き出す。川の水量や流れがいつもと違う、なんか異変が起きてるのかも…ということは認識しているに違いない。写真は、その時のシバではないけれど、川を見ている時のシバはなんだかとても賢そうで、「分かってらっしゃる」感じだった。「分かってらっしゃる」というのは乳児だったうちの子が、何か反応を見せると、よく母が言ってたセリフである。

","まなママ『親近感たっぷりのシバ様。「分かってらっしゃる」は、うちのハナちゃんと同じです。いつも、私たちはハナに「買い物に行ってくるから、お留守番ね。」というと、渋々家の中に。そんなとき、「分かってらっしゃる。」です。シバ様は川の変化に気づいてらっしゃるのですね〜すごいです。 お二人の関係は、きっとムツゴロウさんに褒めていただけると思いますよ。』
hikario『まなママさん、ありがとうございます。ハナちゃんも分かってらっしゃいますか! ウマの合わない人間なんかより、ワンコのほうが分かってらっしゃること多いですよね。しかしムツゴロウさんには…畏れ多くて。ムツゴロウさん、クマと交尾しようとして、「勃たなかった。俺は本物じゃない」とか言ってるツワモノですから。』
まなママ 『くっくっくっ・・・さすがツワモノ。敬愛してやまないムツゴロウさんには誰もかなわないでしょうね。私の知らないムツゴロウ語録が、また一つ加わりました。ありがとうございました。』
hikario『http://homepage1.nifty.com/SiteK4/m1.htm
ここで言ってます! 私はこのインタビューを読んで、ムツゴロウさんの凄さに改めて震撼しました。』
チーコ『なんか良い言葉ですね。「分かってらっしゃる」って。相手を尊重してますよね。うちのトフィーの「分かってらっしゃる」は、散歩の後。必ず足と顔を洗うんだけど、どうも嫌いなようで、ちょっと間を空けちゃうと、どこかに隠れる。呼べど叫べど出て来ない。ビスケで釣ってやろうと「ビスケーット」と言ってみるけど、「分かってらっしゃる」様で、やはり隠れたまま。
賢いんだかなんだか、、。』
hikario『トフィー、いっぱい分かってらっしゃる感じですよね〜。ビスケでも釣られないとは。賢すぎる。「じゅるる〜ビスケ、うまそう。んでも、この状況で、ビスケっていうのは、おかしい。ワナだ、ぜったいに。じゅる〜」って感じですか。』