猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

やっぱり感じる上祐氏への疑念

トークイベントを聞き、触発されて本二冊を読んだが、やっぱり拭い去れない疑念がある。

そこまで信じていた人が、完全に断ち切れるのかという……。

ひかりの輪を立ち上げたのは、オウム時代の贖罪をしようという気持ちもあるのだろうけれど、

まず第一に、私が気になったのは、上祐氏の本のこんなくだり。麻原が上祐氏についてこんなことを言った。

「百生ほどあとの来世には麻原から独り立ちすると語り、ほかの信者にもそう説法した。今現在、私は(今生において)麻原から独立したが、これは、ほかの信者に比べれば麻原による支配が少なく、誇大自己が弱かったためだと解釈できるかもしれない」(『オウム事件17年目の告白)

確かに、そうなのかもしれない。

けれど、これではまるで、上祐氏が麻原の言った通りになっているようで、麻原の予言を肯定しているようにも読める。

もちろん本人にはそんなつもりは毛頭ないのだろうけれど、どこかで、まだ麻原の支配がカラダのどこかに残っているのではないか、と感じた。

 

 

もう一つ気になったのは、父親への思いである。

上祐氏の子ども時代、女を作って家を出た父親は、当然ながら、尊敬の対象にはならなかった。

が、翻って考えると、父親は毎月欠かさず10万円の養育費を送り続けていた。上祐氏が団体内部に扶養すべき対象を持ち、外部に賠償すべき対象を持つ今、こうした父親は「目指すべき手本となった」(前掲書)といい、

「父親は〜〜(略)〜〜真に尊敬・感謝すべき対象」となり、

「父は、私を『捨てた』のではなく、『遠くから支えていた』と考えるべきだと思う」(前掲書)

というのだ。

 

 

 このくだり読んで、上祐氏の父への思いの切なさに、目頭が熱くなると同時に、上祐氏が見ているのは、「現実の父親」ではなく、「自分の見たい父親」なのではないか、それって、オウムの犯罪を薄々知りながら、「現実の麻原」ではなく、「自分の見たい麻原」を見て、打ち消し、かばっていた、過去の上祐氏と大差ないのではないか、とすら思えたのだ。

 子は親が自分を虐待しているとは思いたくないもので、虐待された者の三分の二が虐待は「ない」と認識しているという(ジョナサン・H・ピンカス『脳が殺す』)。

 これは一つの自己防衛本能で、そのように考えないと、あまりにもつらいからなのだが、そういうにおいを、上祐氏の認識にも感じた。

 

  つまりはまだまだ、上祐氏は、つきつめて考えたとは言えないのではないか、と思ったのだ。

 

オウム事件 17年目の告白

オウム事件 17年目の告白

 

 

 

 拙著もよろしく!

 

エロスでよみとく万葉集 えろまん

エロスでよみとく万葉集 えろまん

  • 作者:大塚 ひかり
  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)