猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。

ゴボウ茶で死ぬ思いをしたこと

かつてゴボウ茶で死ぬ思いをしたことを、きのう思い出した。

三、四年ほど前だったか、ゴボウ茶がはやった時、市販のごく一般的なゴボウ茶を購入、のんだら、お腹がぱんぱんに張って七転八倒したことがあった。

もともと私はおなかにガスがたまりやすい体質で、数年前、お腹がふうせんのように張って苦しくて医者に行ったことがある。その時はガスコンという薬を処方され、なんとか乗り越えた。

日常的に、お腹が張りやすいのだ。

ゴボウ茶は娘や夫ものんだが二人はなんともなく、私だけが死ぬ思いをした。

ほかにも、ニンニクのたくさん入った餃子などを食べても、似たような症状になる。大好きな干し芋を食べた時も苦しくなることが多い。

また、苦手な講演をした時もお腹が張って死ぬ思いをしたので、ストレスでもなるようだが、

明らかに食べ物でなる場合があるという認識はあった。

 

 

それが、色々あって、下記の本に辿り着いたら、私はどうやら、過敏性腸症候群であるらしかった。

ここに禁忌とされている食べ物の中にゴボウやニンニクがある。

それでゴボウで死ぬ思いをしたことを思い出したのだった。

 

 

ほかにも良いと思って食べてたヨーグルト(好きでもある)、嫌いだけど薬だと思って食べてた納豆などもダメな食べ物だった。

甘いお菓子やパンは総じてダメであった。

フルーツでもバナナやキウイはいいが、りんごや大好きな柿はダメらしい。

これもお菓子を食べ過ぎた翌日は便秘になったり、いつものパンではなく(小さいころから朝食はパンと紅茶とヨーグルトとフルーツ……とくに柿は庭に生えてたのでよく食べてた……なので、めったにご飯の朝食ではないのだが、たまにご飯にすると調子が良い)ご飯にした朝は快便だったりすることから、すこぶる納得であった。

 

この手の健康本は内容的に知ってることも多く、私にはさほどためにならないことが大半だったが、この本は珍しくためになった。

とはいえ、ダメな食べ物だからといって、全面的に食べないということは私はするつもりはない。

好きな干し芋はこれからも食べるし、お菓子もほどほどに食べると思う。てか、昨日も今日も食べたw

(それでも大好きな紅茶、緑茶、コーヒーはokだったのでホッ。これからもがんがん飲める)

 

自分で治す過敏性腸症候群の本 (TJMOOK)

自分で治す過敏性腸症候群の本 (TJMOOK)

 

 

それにしても、同じ食べ物でも、人によって、体質によって、こんなにも反応が違うなら、薬だって、同じ薬でも、人によって毒薬になる可能性はあろう。

漢方が証によって薬を使いわけているのは、その意味できわめて納得できる。