猫も羽<わ>で数えましょう(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

本の宣伝多いです。そのためのブログですから。

クローゼットの不満

20年来、ずっと不満なのがクローゼットである。

クローゼットの枠寸法を業者が間違えて、「作り直すと一月かかる。部屋を狭くするか、出っ張ったまま設置するかどうか」と問われ、今なら「作り直して」と言うところだが、当時なにもよくわからぬ私は「部屋を狭くするのはイヤだから、出っ張ったまま設置して」と答えた。

それで、そうなったのだが、これだと写真のように一番下の引き出しが開かない。

そう訴えると、業者は下に敷く簀の子のようなものを作成し、20年間それを使っていた。

だがこれがたわむのである。

使うたびイライラしていた。

それで思い切って外したところ、ちょっと真ん中の辺にひびが入っていた。

今は写真のように一番下の引き出しには季節のものを置いて、それを出す時はいちいち引き出し全部を出すようにしている。

物凄くストレス。

 

 

あの時、作り変えてもらっていれば……と使うたび見るたび悔しい。

扉も重いし、作り直してもらおうかと考えているが……それだってお金がかかるし、悔しい。

クローゼット、引き出しが開かない、で検索しても、みんな端っこがぶつかるという例ばかりで、うちみたいにそもそも少しも開かない、下が引っかかるなんてひどい例はない。

 (ちなみにS水ハウスです。地面師にだまされた会社)

f:id:maonima:20190528202951j:plain

最下段が引き出せない……

 

f:id:maonima:20190424174015j:plain

業者が入れた簀の子状のもの。でもたわんできたので、撤去した。

 

f:id:maonima:20190525144518j:plain

するとこんなふうに段ができるので、物がスムーズに出せず、引き出しは最初の写真のように最下段がぶつかるというわけ。

こういう日常のちいさなことの積み重ねが地味に私を疲弊させる。