猫も羽<わ>で数えましょう(旧「大塚ひかりのポポ手日記」since2004)

めげずに、こつこつ本の宣伝しています。ツイッター⇒https://twitter.com/hikariopopote

maonima2012-08-19

友達、きょうは顔のむくみが取れて、少しすっきりしていました。
ちょっと希望が湧いてます。


正義感の強い人で、小学校時代、いじめられがちだった私を守ってくれて、でもつきあいは対等で、「ちぃちゃん(当時の私のあだ名)は頭がいい。絵がうまい」と尊敬してくれてました。
私も、彼女のこと、尊敬してたし大好きで、小一、二年の頃は毎日のように遊んで、互いの家に泊まったり、親の会社の保養所にも泊まったり、家族で中華街行ったり、彼女が引っ越したあと、私も引っ越して中学に入っても、泊まったりしていました。
大人になっても、家に行ったり、四十代に入っても会ったりしていたのが、ここ数年は会っていなかったのでした。
頑張り屋で、アメリカでMBAの資格とって、最近では起業して、物凄く忙しい日々だったとか。



また、彼女のお母様は、一、二ヶ月に一度、私の母をわざわざ東京から藤沢まで見舞ってくれたりしていたのです。
それも、お母様に言わせると、見舞ってるというより、
「あなたのママと話すると癒されるから。悩み事も聞いてくれる」
ということです。