猫も羽<わ>で数えましょう(大塚ひかりの犬・猫・人・他)

本の宣伝多いです。そのためのブログですから。

シバが来た日

シバが年取って、筋力が弱り、頻尿になってるから散歩も一日三、四回(一回は短い)になってて、長い外出も無理になってる。

娘がいればそこらへんもフォローしてくれただろうが……

犬を飼いたい! どうしても飼いたいの!! お散歩もするから!!! と言ってた娘、今はエストニアに住んでいるから、ほとんど全部の散歩は私なんだな。シバも歩かなくなってしまったから、散歩といえるほどの散歩でもないが。
<<エストニアにいる娘のブログ⇒

estonian-mania.tokyo

 

 

私は小学生のころ、隣の白い大きな犬が庭に入り込んで、追いかけられた苦い思い出(その時、母は容子ちゃんのママとお喋りして、私の姿を見て笑ってた。しばらくして犬を隣家に追いやってくれた)や、家の土手に捨てられていた子犬に追いかけられたつらい思い出(その時は遠くまで行ってしまって、通りすがりのお兄さんに助けを求めたら、お兄さんは「こんな小さい犬」と笑って犬を追い払ってくれたが、あの犬どうしたことか)があるから犬などはなから飼う気はなかった。

なので娘とパパだけで「ペットのコジマ」(今はなくなった)に行ったのだが、

しばらくして電話がかかってきて、

「どうしても飼いたいの。ママも見に来て」

ということになり、その日のうちに見に行ったらもう三ヶ月にもなって大きくなって売れ残ってたシバがいた。店員に、

「奥さんも抱っこしてみてください」

と言われ、恐る恐る抱っこしたら、シバはふるふる震えてて、そっと私の首を嘗めてきた。

それで参ってしまって、

「この柴犬にします。でももう三ヶ月でこんなに大きくなってるし、値引きしてください」

と言ってワクチン代込みで11万円で購入。

帰宅すると、猫のポロ(当時四、五歳)がいなくなってて、

「可愛いから盗まれたのか!」

と、今思うと、財布もカードも盗まれてないのに、猫だけ盗むバカがいるかってなもんだけど、本気で思って狭い家を探したら、シバにおびえてカーテンの後ろに隠れていたっけ。


I macのコードをシバにかじられてつかえなくなったり、大事にしていた民話の本たちもシバにかじられ、ぼろぼろになった。家の壁は猫にやられて。動物たちにぼろぼろにされた家。でも、綺麗なだけの家だったらつまらなかっただろう。

 <<シバが来た日についてはこの日記⇒

www.popote.tokyo

<<来た頃は猫とどっこいどっこいの小ささだったんだね。1/26生まれで、4/17に売れたシバ。あともう少ししてたら、可哀想なことになる……という思いもあったんだよね、犬苦手な私が決意したのは⇒

www.popote.tokyo